読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

AmazonタブFire新型が今なら実質3990円から。各モデルの性能比較。安いからこそできるライフハックで無料で動画を持ち歩こう!

Amazonの激安タブレット「Fire」に新型登場。実質3990円から。

Fireが新しくなりました。

アマゾンジャパンは、自社ブランドのタブレット「Fire」シリーズの新モデルを発表しました。Amazon Fire後継となる「Fire 7」とマイナーチェンジの「Fire HD 8」の2機種で、予約を受付中。出荷開始は6月7日の予定。

 

Amazon kindle Fire
「Fire 7」は「Amazon Fire」の後継モデルとなり、価格据え置きのまま性能向上が図られました。極めて高いコストパフォーマンスは健在です。「Amazon Fire」から、ディスプレイの1.05:1だった画素を正方形にしたことで、映像や文字の視認性が向上したのが一番の特徴です。CPUは「最大1.3GHz」から「1.3GHz」の表記に変更になりました。新たに5GHz帯のWi-Fiと256GBまでのmicroSDカードに対応しました。

表示上は定価ですが、リンクから飛んだ後にクーポンコード『PRIMEFIRE7』の入力で4,000円OFFになります。

 

Amazon kindle Fire

「Fire HD 8」1000円安くなりました。それ以外はほどんど変更ありません。Fire 7と同じ256GBまでのmicroSDカードに対応した程度です。

表示上は定価ですが、リンクから飛んだ後にクーポンコード『PRIMEFIRE8』の入力で4,000円OFFになります。

 

 

Amazon kindle Fire

また、両モデルともスマートカバーに新たに対応しました。専用カバーを閉じると自動でスリープ、開けると自動で画面点灯します。

 

 

 

 

6月23日まで実質3980円から。以後は4980円から。

価格はFire 7が8,980円から、Fire HD 8が11,980円からですが、恒例となったプライム会員クーポンコードで4,000円OFFとなります。さらに、新発売を記念して6/23までビデオ用クーポンが990円分プレゼント中のため、実質の価格は3990円からとなります。

会員限定と言っても、プライム会員は無料で試せますから、登録して見てください。

プライム会員ってお急ぎ便無料くらいしか知らない方多いんですけど、ビデオ見放題のプライムビデオとか、音楽聴き放題のプライムミュージックとか、無限に写真保存してくれるプライムフォトとかあって、正直月300円じゃ絶対受けれないサービスの集まりなんですよね。 この機会に試して見ては?

プライムフォトは前に詳しく書いてます。

www.i10mile.com

 

 

ビデオクーポンなんて要らんよ・・・・。と思うかもしれないですが、意外と侮れませんよ。最近のだとシン・ゴジラとかローグワン/スターウォーズストーリーとか有名タイトルが揃ってて結構便利に使えます。

 

ビデオクーポンやAmazonプライムビデオで見放題の動画をタブレットに保存してオフラインでも快適に見れるようにしておくと、出先でめっちゃ便利です。

やり方はこの記事を参考にしてください。

www.i10mile.com

しかも、新型FireはOn Deck(好みの動画を自動でダウンロードしといてくれる機能)対応なのでめちゃ便利です

出先で暇だなって思った時に手元のFire開いたら、勝手に自分の好みの動画がタブレットに入ってるんですよ?めちゃ便利だと思いません?

もちろん保存済みだからオフラインでも見れます

ぜひ使って見てほしい機能です。

 

Fire 7とFire HD 8と2016年モデルの性能比較

  旧Fire 7 旧Fire HD 8 Fire 7 Fire HD 8
ディスプレイ
サイズ
7インチ 8インチ 7インチ 8インチ
解像度 1024×600 1280 x 800 1024×600 1280 x 800
CPU 最大1.3GHz
クアッドコア
最大1.3GHz
クアッドコア
1.3GHz
クアッドコア
1.3GHz
クアッドコア
RAM 1GB 1.5GB 1GB 1.5GB
オーディオ モノラルスピーカー
マイク
Dolby Atmos
ステレオスピーカー
マイク
モノラルスピーカー
マイク
Dolby Atmos
ステレオスピーカー
マイク
内部
ストレージ
8GB/16GB 16GB/32GB 8GB/16GB 16GB/32GB
microSD
スロット
200GBまで 200GBまで 256GBまで 256GBまで
フロントカメラ あり あり あり あり
リアカメラ 2メガピクセル 2メガピクセル 2メガピクセル 2メガピクセル
Wi-Fi 2.4GHz
シングルバンド
b/g/n
2.4GHz/5GHz
デュアルバンド
a/b/g/n
2.4GHz/5GHz
デュアルバンド
a/b/g/n
2.4GHz/5GHz
デュアルバンド
a/b/g/n
Bluetooth あり あり あり あり
バッテリー 7時間 12時間 8時間 12時間
サイズ 191x115x10.6mm 214x128x9.2mm 192x115x9.6mm 214x128x9.7mm
重量 313g 341g 295g 369g
ASAP  あり あり あり あり
On Deck あり あり あり あり
スマート
カバー対応
なし なし あり あり

一覧に並べて見ました。使い心地に直結しそうな所は以下でしょうか。

解像度

FireHD8は1280 x 800。Fire7は1024×600です。

Fire7だと再生はできますが720p以上のHD動画は綺麗に見れません。Fire7だとKindleで書籍を読む際に文字が荒く目が疲れます(正方形ピクセルで多少改善されているとのこと)

RAM(メインメモリ)

FireHD8は1.5GB。Fire7は1GBです。

電子書籍やプライムビデオの際にはあまり影響は無いと思いますが、ブラウジングやプライムビデオを選ぶ際の動作などがFireHD8の方が多少軽快でしょう。

バッテリ

FireHD8は12時間。Fire7は8時間です。

外に持ち出すなら、FireHD8の方が良いでしょう。電源がある環境ならFire7でも全く困らないと思います。家で使うならあまり関係ないとも言えます。

重量

FireHD8は369g。Fire7は295gです。

ここは逆にFire7の圧勝です。手で持って使った場合、1.3倍重さが違うのは明らかに手への負担が異なるでしょう。持ち歩く際も軽いに越したことはありません。

 

Fire 7とFire HD 8どちらがおすすめ?

旧Fire 7で残念な点だったWi-Fiの5Ghz帯も改善され、Fire 7でタブレットとして困る事は何もないと思います。子供用やとりあえずの用途なら安いは正義です。

ただ、困る事は無くても、ステレオスピーカーや高い解像度は確実に快適性に影響してきます。高い解像度は電子書籍を読むときに明確に効きますし、ステレオスピーカーは動画を見るときに明確に違います。

 

個人的にはステレオスピーカーの一点でFireHD8派です。

真剣に映像に没頭したい時は大きなテレビで見たいので、タブレットでは家では流し見用になると思います。その時にイヤホン付けながら作業するのも嫌ですし、モノラルスピーカーってのもちょとヤです。

とは言っても、スピーカーでの音楽はどちらのモデルも向いてないので、音楽の時はBluetoothスピーカーにでも飛ばしましょう。どちらもBluetooth対応です。

 

快適性に3000円出しても良ければ、Fire HD 8にしましょう。


動画を持ち出そう!安いからこそできるチープなライフハックもある!

Fireからちょっと話がズレますが、Fireに限らず安いタブレット良いです。

やっすいチープなライフハックが惜しげも無くできるのは、本当に良いです。Fire 7も3980円と壊れても惜しくない安いタブレットだからこそ、スタイリッシュさをぶん投げた、利便性重視の泥臭い活用ができます。

 

それがこれ。

Fireじゃないですけど。

Amazon kindle Fire

だっさ。

 

Amazon kindle Fire

だっさ!!!

 

我ながらあまりにクソダサい・・・・!!

ここに貼るのも抵抗あるわ!!

 

でも、いいんです。

家の中でしか使わないし、安物だから。

これはY!mobileにタダで貰ったどーでもいいタブレットに、100均で買ったイーゼルを貼ったもの。制作時間20秒。すごい手間かかってるでしょ?

一応マジックテープで脱着式にしてますが、一度も外したことないので両面テープでそのままはっつけてしまえばよかった。そしたら10秒で済みましたね。

 

あまりにもクソダサいですが、効果は抜群でびっくりするくらい便利になりました。

カバーでもスタンドになるのが最近は多い?違うんです。物理的にゴツい足が生えてる安定感と適当にどこでも置ける利便性って、多少の違いのようで天と地ほど違うんです。どこでも置けるのは本当に大きいんです。

撮り溜めたビデオをWiFi経由で見れるようにしてあるので、料理中の台所にも、作業中のPCの横にも、寝る前のベットサイドにもどこでもポンっと置いてテレビを垂れ流してます。

あまりの利便性に大きな夫婦共々大きなテレビで最近見てません・・・・。

 

あと、この高さ地味に重要です。

Amazon kindle Fire

ああ、適当にパキパキ割ったのも見えて、ああダサい。

ちょっとの高さなのですが、この高さが見えやすい角度を作ったり、台所の水から避けたり、適当に置いた凹凸を吸収してくれたりします。

やる前は大した事ないと思うのですが、使ってみるとあまりの違いにビックリします。

 

 

ただ、これメインの高級タブレットでやりたくないですよね・・・・。

こういう事できるのが、安いどうでもいいタブレットの良い所だと思います。

Fireも3980円ですから、足生やさなくても良いので、適当にガシガシ使って壊しましょう。壊れたらもう一度買えば良いのです。そのくらいの値段なんですから。

 

余談おわり。


まとめ

シンプルにまとめると

新型Fire HD 8の優れた所は「スピーカー」と「解像度」と「バッテリ」です。この3つが心に響けば、3000円上乗せしてFire HD 8を購入しましょう。

それ以外の方にはFire 7がオススメ。

快適性と3000円を天秤にかけて検討してみてくださいね。

ではまた。