理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

アートサイクル激安ロードバイクとクロスバイクを同時に購入!A670/C400比較レビュー!購入編

今回はマイルと関係ないシリーズです。(ちょっとだけ触れます)

私はロードバイクの趣味があり、今回ブログにした方が良い商品を購入しましたが、自転車の方は特にブログにしていないので、こちらで買おうと思います。

 

アートサイクルで自転車を2台同時に買いました。

楽天スーパーセールで激安だったので、アートサイクルスタジオというメーカ兼自転車屋さんからロードバイクを買いました。

ロードバイク(アートサイクルアルミロードA670 PRO2.)と、クロスバイク(アートサイクルクロモリクロスバイク C400)を2台同時に購入しました。

 

今回購入したアートサイクルはロードのレビューは結構見かけたのですが、クロスのレビューがあまりないのと、比較した記事は皆無だったため、これから購入される方に対し役に立つようレビューさせて頂こうと思います。

 

楽天スーパーセールなんてだいぶ前じゃん?と思ったあなた。

正解。

アートサイクルは届くのがとても長いのです。

だいぶ前に買ってやっと届きました。

やっと記事が書けます笑

 

その辺りもしっかり書いていきたいと思います。

f:id:i10aki:20170505081730j:plain

ロードバイク(アートサイクルアルミロードA670 PRO2.)

f:id:i10aki:20170505081756j:plain

クロスバイク(アートサイクルクロモリクロスバイク C400)

 

 

そもそもアートサイクルって何?聞いたことないんだけど?

アートサイクルスタジオはマニアの間では非常に有名なのですが、一般人への知名度は皆無です。

正直知らない方の方が多いと思います。

今回購入してみて、私は割と良いと思ったのでマニア以外の方にもぜひ知っていただきたいと思いました。

 

アートサイクルスタジオ(株式会社福井商会)は楽天市場で営業している自転車屋さん

アートサイクルスタジオは、2006年から10年以上もネットで営業している、「ほぼ」ネット専業の自転車屋さんです。

とても安い値段で有名です。

 

www.rakuten.co.jp

「ほぼ」と言うのも大阪府羽曳野市西浦1507-2にある本社である1店舗のみでは、店頭販売を行なっているそうです。

私は行ったことないのでそうですとしか書けませんが、行ったことある方のレビューなどがネットにちらほらと・・・。

 

f:id:i10aki:20170504210642j:plain

現地では店名が「CYCLE WORLD」となってるため、現地でも同じと思われてないとか。

「CYCLE WORLD」は1978年から営業している老舗です。「アートサイクルスタジオ」より30年近くも古いんですね。

店名が異なり実質的にネット専業であることと、ほぼ宣伝をしていないので、知名度がめちゃめちゃ低いです。

その代わり、店舗コストや宣伝コストを限りなく抑えているので、非常に安い価格で自転車を買うことができます。

 

販売価格が非常に安い

何度も繰り返していますが、アートサイクルは販売価格がメチャクチャ安いです。

f:id:i10aki:20170504220245p:plain

トップページにズラッと並んでいる通り、クロスバイクは29,990円から。

ロードバイクは32,800円からあります。

ロードバイク3万円って・・・。

 

しかも、良く値段だけを追求した、見た目だけクロスバイクで中身はママチャリみたいな見た目だけのルック車と呼ばれる車種ではな、キチンとスポーツグレードのパーツを使ったスポーツ自転車です。

その気になれば、1日100km走ることも問題ありません。

 

アートサイクルの特徴として、高品質なシマノ製パーツをふんだんに使っていることがあります。

シマノは言わずと知れた日本の誇る世界最大の自転車部品メーカーです。

安いメーカーの自転車だと、謎メーカー製の部品が使われていることが多く、性能面、耐久面に疑問を感じることが多く(実際に長持ちしません)トータルコストでは実は損では?と思うこともしばしばです。

アートサイクルの場合は、シマノ製を積極的に採用していて安心です。安いのに。

 

見た目がかっこよくなるので、どうしてもロードバイクはフレーム重視で考えがちですが、安い価格帯の場合はフレームよりパーツです。まず各パーツをしっかり良いのにしてからフレームを良いのにしなければ全然意味がありません。

パーツが全部しっかりした上で、このフレームじゃ重すぎるとか、振動キツすぎとか不満が出たら良いフレームを選ぶべきです。

そうなったらアートサイクルじゃだめで、しっかりとしたメーカーで購入する必要があると思います。

 

私の場合は通勤用のサブバイクで求めてましたので、安フレームで全く問題ありません。高級フレーム求めるほどガリガリ漕ぎません。

そんなことしたら仕事のズボンの股のとこ破けます笑

 

ただ、後で詳しく書きますが、そんなに多くは求めないと言いつつも最低グレードのものは細かく気になる点がありましたので、私はもう少し上のグレードを購入しました。

 

お値段としてはこんな感じ。

f:id:i10aki:20170505080503j:plain

 

ロードバイク(A670 PRO2.)が52,800円。

クロスバイク(C400)が33,800円でした。

 

ここから、送料(1台につき2,800円)と税金が加算され、楽天スーパーセールで10%オフが入り合計87,102円でした。

 

信じられますか?ロードバイクとクロスバイク2台で8万円台です。

 

しかも、最安値ではなく、ちょっと上位グレードです。

最安値グレードなら1台3万円ちょい。

2台で6万円台です。

 

しかも、先述の通り、シマノ製パーツをたくさん使用した、ルックではないキチンとしたスポーツバイクでこの値段です。

ホントやっすいですねぇ〜。

 

さて、ではなぜこのモデルにしたのかを解説していきましょう。

 

なんで最安値のモデルではなくA670 PRO2.とC400にしたの?

価格を極めて強調してる割に、今回最安値は狙ってません。細かい理由があったのでご説明します。基本的にはもし人にオススメする場合でも、用途に合わせてA670 PRO2.かC400にするかな?と思います。

A670 PRO2.にした理由

まず、用途として通勤用のロードバイクが欲しいなと思いました。

休日のライド用にカーボンのロード、通勤用に10年ものの大事に乗ったアルミロードがあるのですが、さすがにヘタっていて毎日乗るには厳しいなと思っていたのですが、性能を求めた用途ではないので大金をかけるのもなぁ・・・・。と先延ばしにし続けてたのです。

流石に無視できない劣化が目立ちよし買おう!でも、予算は控えめな!ということでアートサイクルにしよう!とまずはメーカーから決めました。

 

アートサイクルスタジオには、ロードバイクが大きく分けてクロモリ3種類、アルミ3種類あります。

過去にはカーボンモデルもあったようですが、今はなくなっています。

つまりクロモリか、アルミかで選ぶことになります。

 

最初にクロモリ派でした。

だって美しいし。

クロモリロード特有の細くシンプルな美しさと、単にクロモリロードを買ったことがないという好奇心で、正直買うところまで行ってました。

デザインが決め手であれば買ってたと思います。

ただし、美しいフォルムと引き換えのキッツイ前傾姿勢が問題でした。

ネットのレビュー等でもやはりここは大きく指摘されています。

レビューの場合は初心者向けには姿勢がきついですよということが書かれていますが、私の場合はメインの用途が通勤だったので、スーツで前傾姿勢がきついモデルは本当にきついんです。

 

結果、アルミロードを選択することにしました。

 

通勤できつい方選んじゃダメですよね。

しかし、アルミもフレームで3種類あります。最も低コストな物をチョイスしようとも考えていたのですが、最も安いものはSTIレバーではないんですね。

STIは手元でブレーキ、ギアチェンジが同時にできるロードバイクの基本装備の一つなのですが、安いモデルにはついていない。

しかも、部品単位で後からつけると結構高い

じゃあ、安いモデルにSTIレバー付いたアップグレードのにすると・・・あれれ?元からSTI付いた上位モデルとほとんど変わらんやんけ・・・。

しかも、安いモデルはいかにもクロスバイクっぽさが滲み出るフレームデザインなのに対して、上位モデルはしっかりロードバイクの形をしたデザイン。これはもう上位モデルにするしかありません。

 

結果、A670 PRO2.を選んでおりました。

f:id:i10aki:20170505081730j:plain

これ。

 

 

 

C400にした理由

まず、C400にした理由以前に、なんで二台同時に買ったかですよね。

わざわざ通販専門のやっすい自転車屋探して、やっすいロードバイク選んでるのになんでクロスバイクを一緒に買ってるんじゃいと笑

 

実は理由は単純で奥さん用です。

奥さんは私と自転車で一緒にお出かけする際は、私の古いアルミロードに乗っていました。フレームサイズがあってないのでかなり辛そうでした。普通にいいやつを買っても良かったんですが、頻度としてはそんなに多くないし先延ばしにしてたんですね。

で、スーパーセールだったからえいや。買っちゃえ。と笑

ま、あとはロードで諦めたクロモリフレームいいなぁー。という僕の欲望が抑えきれなかったというのが半分くらいあります笑

奥さん用という名の下に目的が達成されました!

おかげでブログ記事も比較記事として書けます笑

 

C400にした理由は半分は上に書いた通りクロモリが美しいからです。

f:id:i10aki:20170505081756j:plain

うつくしい。

 

でも、奥さんの用途を考えると実はもっと安いモデルがあります。

cs26-7というモデルです。

これも真っ白でオシャレで、しかも29800と超激安プライスとある意味そそるモデルなのですが・・・・。

タイヤが頂けない。

極太ママチャリタイヤです。

英式バルブで一見便利かな?とも錯覚してしまいますが、結局スポーツ車の一番スポーティな走りに直結する部分はタイヤとホイールです。マウンテンバイクだってブロックタイヤから高圧スリックタイヤにすれば結構な巡航速度でます。

これは頂けない。

 

そうすると一つ上のC400を選ぶことになるわけです。

これからアートサイクル選ばれる方に向けてお伝えすると、ロードの部品がつけられるかどうかを基準に選ぶと良いかと思います。

 

注意点が幾つか

これだけ安い自転車なので、パーフェクトとは行きません。もちろん注意点がいくつかあります。

納期が極めて遅い

アートサイクルの安さと同じくもう一つの特徴がこれです。

私は丸2ヶ月かかりました

流石にこれは擁護できません。日本の通販ではなく海外から部品を買っているような感覚ですね。普通の通販と同じと思っていると痛い目を見ます。急ぎの方にはお勧めできません。

ただし、一応裏事情を説明しておくと、アートサイクルはフレームのみを在庫している自転車屋さんなのです。

発注が入った後にメーカーに対しコンポ(部品)を発注し組み立てて発送してくれます。

現代では大きな資本のショップが多いので忘れがちですが、高いものだと部品だけで数十万円にも及ぶスポーツサイクルの数十台分の在庫(数百〜数千万)の運転資金をしっかり用意するのには小さいショップには難しいものです。

アートサイクルは規模の追求を諦め、小さいショップのまま細々と運営を続けることを選んだので、運転資金も小さく抑えることができ、超激安プライスでスポーツサイクルを提供することができるのです。

 

繰り返しとなりますが、急いでる方にはお勧めできません。Amazon等に慣れて通販だから翌日には届くだろ?と思う方にもお勧めしません。

のんびり待てる方にお勧めです。

 

半完成状態

ハンドル、ペダル、サドルが外れた状態で届きます。

輸送コストを抑えるためです。

調整が難しい部分のディレイラーやブレーキなどはしっかりと組み付けてあり、調整もしっかりされていますので、大きなパーツだけ外されているイメージです。

 

ハンドル、ペダル、サドルという大きいパーツだけが外れている状態なので、一度でも輪行を経験していれば、この辺りはつけ外した経験があると思います。輪行経験があれば問題はないかと思います。

ただし、一度もしたことない初心者には向かないと思います。その場合は自転車屋さんでまずはクロスバイクを購入して自分で輪行して見ましょう。後述しますがのちのメンテナンスも含めて一旦は近所の自転車屋さんで購入することをお勧めしまうす。

一度自分が輪行したことがあるかどうか、ステムを交換したことがあるかどうかこの辺りで判断するといいと思います。輪行したことがあれば心配ないです。

 

ペダルレンチを持って居ない方もいらっしゃると思いますが、届いた箱の中に無料でペダルレンチも必要な六角レンチも付いてきます。そこは安心していいです。

 

購入後のサポートがない

ロードバイクは繊細な乗り物です。

日々のメンテナンスは欠かせません。

特に買ったばかりはワイヤー類が伸びやすく、100km〜500kmくらい走ったところでワイヤーの初期伸び点検に来てくださいと言われることが多いですが、通販なので当然それができません。

初期だけではなく今後のメンテナンスも全てセルフで行う必要があります。

 

これはアートサイクルに限らず、通販で自転車を買う際のいちばんの問題なのですが、判断基準は自分でメンテナンスができるかどうかにかかっています。

個人的にはしっかりスポーツ用として乗るモデルは、お店に見てもらったほうがいいと思います。

私もシフターの調整なんかも自分でやるんですが、やっぱりお店にやってもらうとパキパキとギアが気持ちよく入るんですよね。ガチ装備でスポーツとして乗るときはやっぱりそっちのほうがいいです。もちろん安全面からもです。

だから、私の場合は普段使い用はとにかく安く自分でメンテナンス。いいモデルはお店にこまめに持っていくようにしてます。

この場合普段用が今回のアートサイクルですから、後々のメンテナンスはついていなくても特に問題はありません。

 

これから選ぶ方は以下の2点を考慮して選ぶといいと思います。

1.週一回くらい手が油まみれになっても良い

2.スポーツ寄りではなく、のんびりポタリングや通勤車が欲しい

この両方がYESの方はアートサイクルがお勧めです。

 

まとめ

細かい機種ごとのレビューは別記事に書いてますので、ぜひそちらもご参照ください。

満足しているか

満足してます!

この値段でしっかりロードロードしてます。

同じ価格帯でここまでスポーティな走りができるメーカー(ショップ)は無いでしょう。有名メーカーのクロスバイクと同じで、しっかりとしたロードバイクが買えるのですから言うことはありません。

 

ただし、国内通販とは思えない超長い納期や、半分セルフ組み立てなど癖が一つ二つとあるのも事実。

人に勧めるのはちょっと悩みますね。

 

誰にでもお勧めできるわけではありませんが、安くセカンドバイクが欲しい人には断然お勧めです。

また、家族がスポーツバイクを始めたい。メンテは自分が全部やるよ。という場合にもとてもぴったりだと思います。

メンテに自信がない場合はショップでしっかりとしたメーカーのものを買いましょう。

 

私の場合は今後数年私の通勤の相棒としてしっかり活躍してもらいつつ、海外から部品買って安上がりな修理をちょこちょこかまして奥さんのクロスバイクと共にセルフメンテを頑張ろうと思います!

 

それではしっかり検討して楽しい自転車ライフをお過ごしくださいね。