読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

ついに来た!キュレーションメディア対策でGoogle検索が大幅にアップデート?

Googleがウェブマスター向けブログでアルゴリズム改良を発表

 グーグル合同会社(Googleの日本法人)は、日本語検索のアルゴリズムをアップデートしたと、ウェブマスター向け公式ブログで発表しました。

webmaster-ja.googleblog.com

今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

  アップデートの規模と内容は不明だが、Googleのアルゴリズム改良は、細かいものは黙って日々行われており、ウェブマスター向けの公式ブログで態々発表するとなると、かなり規模の大きなアップデートだと考えられる。

 時期的に考えると、DeNAのWELQ問題への対策として間違いはないと思われるが、「検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイト」つまり、SEO対策を主眼に置いた中身のないサイトの判別を一体どのように行うのかは全く持って不明。

 WELQ対策として考えられるとすれば

・他サイトとの重複文

・画像検索とのリンクで他と重複画像が確認されたサイトのペナルティ

・ディープラーニングによる文体のチェック(ページ内やページ毎に文体が同じかどうか)

・「だと思われる」「噂だ」等の根拠が不明になるキーワード検索

 この辺だろうか。

 特に1番目と2番目の影響が大きそうだ。キュレーションメディアや、まとめサイト系は全滅の可能性がある。

 今後のSEO研究が期待される。