読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

【写真付】羽田空港国内線ターミナルから国際線ターミナルへの徒歩移動。ルート詳細

空港 空港-新千歳空港 空港-羽田空港 空港-羽田空港-国際線ターミナル 空港-羽田空港-第一ターミナル 空港-羽田空港-第二ターミナル 飛行機-航空会社-スカイマーク 飛行機-航空会社 飛行機

【写真付】羽田空港国内線ターミナルから国際線ターミナルへの徒歩移動。ルート詳細

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com

 

検索で来た方々へ。 一言で言います。

マジキツいっす。

 物好き以外は以下の記事を参照の上、温泉かタクシーをお選びください。

www.i10mile.com

 物好きにとっては楽しいですよ。

■なぜ歩くのか。

 普通、国内線ターミナルから国際線ターミナルへの移動は、「無料の連絡バス」か「鉄道(モノレール含む)」を使用します。

 歩く必要なんてありません。

 

f:id:i10aki:20161213224123j:plain

f:id:i10aki:20161213224122j:plain

 6分間隔で出ており、非常に親切で便利です。ぜひ利用しましょう。

 「普段は」ですが。

 と、言うのもスカイマークの「夜ふかしフライト」後は運航してないんですね。 http://i10mile.com/2016/09/26/post-295/

http://i10mile.com/2016/09/26/post-745/

 その時間帯は都心へ行く電車もなく、国内線ターミナルはクローズされてます。

 ゆっくり安全に過ごすには国際線ターミナルへ向かうしかありません。

 オススメの方法としてはタクシーの乗り合いです。

 他の人とシェアすれば数百円で移動することができます。

 ケチりたい貧乏人深夜の普段見れない羽田空港をお散歩したい人は、歩くと言う方法があります。

 無料です。

 楽しいです。

 歩くことなんて想定されてませんから、現地には案内図も何もありません。

 今回実際に歩いてきましたので、写真付きで解説したいと思います。

 社会科見学とか大好きな人は、ぜひ本稿を参考に歩いてみましょう。

■ルートの確認

 まずは、地図上でルートを確認します。

 Google先生の最短ルートは信じてはいけません。

f:id:i10aki:20161213224126p:plain

 単純に検索するとこのルートが出ます。

 2.8kmとの事ですが信じてはいけません。

歩道ありませんから。

f:id:i10aki:20161213224127p:plain

 流石「群馬から太平洋を泳いで渡れ」と言ってくるGoogle先生

 歩行禁止かどうかは不明ですが、深夜にトラックが多く行き交う大きな道を、只管2.8km歩くのは正気の沙汰ではありません。絶対にやめましょう。

 歩行可能なのは、遠回りの多摩川沿いのルートとなります。

f:id:i10aki:20161213224125p:plain

 3.5km44分の道のりです。 楽しみましょう。

■実際のルート

 さぁ歩きましょう。 実際のルートです。

f:id:i10aki:20161213224129j:plain

 出発地点は国内線第1ターミナル。P1駐車場前からです。

 目の前のバス乗り場と、タクシープールからは、続々と温泉や国際線ターミナルや家へ出発して行きます。その様子を横目に過酷なお散歩へと旅立ちます。

 ターミナルの出口を出たら、ひたすら右に進みます。バス乗り場が終わりかけた所に

f:id:i10aki:20161213224151j:plain

 交番があります。立番で周囲を警戒してる所を撮る勇気がなかったので、GoogleMapです・・・・ ここのお巡りさんに、この先の道順を念のため確認するといいかもしれません。

 交番を通り過ぎ、ターミナルの2Fに直通してる道路の下に入ります。

f:id:i10aki:20161213224130j:plain

 道路を下に潜ると、ターミナル内やターミナル前の綺麗な感じと違い、この辺まで来ると金網とかがもう飾る気ない感じ。建築物から土木建造物へ変わってく感じ。

f:id:i10aki:20161213224131j:plain

 高架道路の脇をひたすら歩きます。だんだん暗くなってきた。

f:id:i10aki:20161213224132j:plain

 広い道路に出ます。

 明るい! 奥の方に見えているトンネルに向かって歩きます。隣は357号線だけど、この道路はなんて言うんだろ?

f:id:i10aki:20161213224133j:plain

 トンネルに入り、まーっすぐ歩きます。分岐はありません。

f:id:i10aki:20161213224134j:plain

 トンネルから出ると、階段があります。車道には出られませんので、このまま登ります。

f:id:i10aki:20161213224135j:plain

 階段を登った後、最短のルートはこの写真の左です。 しかし、徒歩移動の場合は直進をお勧めします。何故ならば

f:id:i10aki:20161213224136j:plain

f:id:i10aki:20161213224128p:plain

 コンビニがあります。

 サンクス 新整備場駅前店です。

 先は長いですから、ここで一休みをお勧めします。

 ググったら2016年7月25日(月)オープンと書いてました。出来たばっかりですから知らない方多いのでは。空港内と違い24時間開いてます。

 コンビニを出た後、高架に登る道と高架の脇を通る道があります。

高架には登らないでください。

 私は間違えました。 高架の脇を歩いてください。

f:id:i10aki:20161213224137j:plain

 間違えて高架に登った図です。 ここに写っている道路の脇の歩道を進みます。

 これと同じ風景が見えてしまった方は道を間違えてますので引き返しましょう。

 下の道を進み写真に写っている、白い支柱の道路標識を過ぎるとすぐトンネルに入ります。

f:id:i10aki:20161213224138j:plain

 長い長いトンネル区間の始まりです。 ここが一番辛かった。 ターミナル、駐機場、誘導路、滑走路、もう一度誘導路全て地下で突っ切ります。

f:id:i10aki:20161213224140j:plain

とても長い。

f:id:i10aki:20161213224139j:plain

長い長い

f:id:i10aki:20161213224141j:plain

長い長いトンネルです。

f:id:i10aki:20161213224142j:plain

終わったぁ!

地上に出るとすぐ横は多摩川で、夜風が気持ちいいです。

f:id:i10aki:20161213224143j:plain

 多摩川の横をひたすら歩きます。 しばらく歩くとモノレールが見えてきます。

f:id:i10aki:20161213224144j:plain

 何故かこの区間、街灯もなく真っ暗です。 単なる道順の写真撮ってただけですが、妙にカッコいい写真になりました。

 ここからモノレールに沿って歩きます。 レールに沿って歩けば、モノレールの国際線ターミナル駅に着きます。もう迷いません。

そう。

モノレール沿いに行けばいいだけなんです。

なのに

f:id:i10aki:20161213224145j:plain

私は間違えました・・・・ ターミナルが見え、ついつい嬉しくてこっちに行きました。

この道は間違いです。

遠回りでした。 素直にモノレール沿いに歩いて行けば、国際線ターミナルまで

最短ルートで勝手に到着します。

f:id:i10aki:20161213224146j:plain

歩いてる時はここに写ってる先がターミナルの入り口に見えたんです・・・

f:id:i10aki:20161213224147j:plain

 

 右(直進)は間違いです。職員用入り口で入れません。一度間違えて奥まで行って、警備員さんに注意されたのは秘密。

 左が正しいので、左に進みます。

 そもそもモノレール沿いに歩けばこの道にすら来ないんですけどね!

f:id:i10aki:20161213224148j:plain

 再度モノレールが見えてきました。 初めからあのレールに沿って歩けば、最短コースでした。

f:id:i10aki:20161213224149j:plain

 モノレールの国際線ターミナルに到着しました! めっちゃ近未来的でかっこいい。

f:id:i10aki:20161213224150j:plain

 無事、国際線ターミナルに到着しました。

■まとめ

 写真撮りながらだったので、所要時間は1時間ほど。

 重い荷物があるので、マジで疲れました。

 普通に移動するだけなら、絶対にお勧めしません。素直にタクシーに乗りましょう。

 しかし、夜の空港の様子を普段見ない角度で見れますから、飛行機好きの方はすごく楽しめると思います。どちらにせよ朝5時まで電車はなく暇ですし。

 時間潰しのお散歩と思って、普段見れない社会科見学してみては如何でしょう。

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com