読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

今年分まだ間に合う!駆け込みでふるさと納税をしてマイルも貰おう。

f:id:i10aki:20161213233708j:plain

■ふるさと納税の期間は1/1~12/31まで

 ふるさと納税もかなり一般に浸透し、陸マイラーのようなマニア的な人も多く現れてきております。その反面、やろうと思ってたのだけどなんとなくやらないまま過ごしている人も多いのではないでしょうか。そういう方、まだ間に合いますよ!! ふるさと納税も、今は数が多いですから、還元率の良いもの悪いもの多種多様にあり悩ましいところではあります。

 しかし、非常に魅力的な還元率トップクラスの物は、早々に募集を終了してしまうので実はもうありません。

 そういう物は2017年分に今から備えて狙いましょう。

 2016年分は還元率がどうとかより、やらないと丸々損ですからパパっと見つけて申し込んじゃいましょう。

■ふるさと納税とは

 ふるさと納税は、地方自治体を選んで寄付する制度です。全国どこの市町村を選んでも良いです。「納税」と言ったり「寄付」と言ったり、判りにくいですが、地方に「寄付」をすると、自分の住んでいる自治体の所得税と住民税が「減税」されるので、あたかも地方に「納税」したように見える制度です。

 このタテマエだけだと、面倒な手順を踏んで進んで地方に寄付をする人なんて居ないので、地方自治体は寄付をしてくれた人に「お礼」を返送します。「お礼」の方法は特に決まっていなくて、一番多いのはその地方の特産物。中にはPCや自転車、商品券を返送してくれる自治体なども存在します。

 しかし、あくまで「減税」ですので自分が毎年払っている税金分しか寄付はできません。

 所得税や住民税は、「(所得-所得控除)×税率-税額控除」で計算します。所得税についてはふるさと納税をした金額-2,000円が所得控除されて、所得税が減ります。住民税に関してはふるさと納税をした金額のうち一部が減税されます。住宅ローンとかの控除に近い制度ですね。

 この2,000円は自己負担金と言われていますが、手数料のようなものと思ってください。 つまり、所得税の所得控除と住民税の税額控除によって、ふるさと納税をした金額のうち、2,000円を超える分は税金が減ります。

■どうやってやるのがおすすめ?

 ふるさと納税は全国にある自治体全てが対象と言っていいほど種類があります。従って、自治体を直接探すのは不可能です。

 そのため、ふるさと納税の専門サイトを利用します。 最大手は「さとふる」だと思います。私も初挑戦時は一番新設な「さとふる」を利用しました。判りやすかったですからね。

 ただし、ここはマイルブログですので、マイル(に変換できるポイント)が貯まるサイトとして考えると、効率がいいのは以下の2つです。

・ANAふるさと納税で直接マイルを貰う ・ポイントサイト経由で楽天を利用してポイントを3重取りする。

順に説明しましょう。

■ANAふるさと納税。直接マイルが貯まる。

https://furusato.ana.co.jp/

 トップページのお知らせ欄にも書かれていますが、ちょうど11月1日からマイルが直接もらえるようになりました。今まではスカイコインが貰えてました。

f:id:i10aki:20161213233710p:plain

  還元率は1%です。 たいしたことないとか思った?実はこれクレジットカードで支払うので、クレジットカードの還元はそのままです。つまり、ANAワイドゴールドなら1%+1.71%で2.71%還元です。これすごくないですか? 夫婦で30万円とかふるさと納税したら8130マイルですよ。

 これはでかい。ただでさえふるさと納税自体が税金のキャッシュバックなのに、それに上乗せで8130マイルです。

 あと、他のサイトと明確なメリットは、これソラチカルート通らない1%還元なんですね。

 マイル集めにハマってる人は、大抵ソラチカルートの理論値上限めいっぱいで回してますから空きないですよね?ANAふるさと納税ならソラチカルート通りませんから、月々の18,000マイルにプラスして、8130マイルを貯めることができます。

f:id:i10aki:20161213233709j:plain

  他のふるさと納税サイトに比べて、参加している自治体数は少ないものの、人気の佐賀県玄海町などツボは抑えてると思います。

 画像の「Premium Genkai」なるコースはスゴいですよ。

 普通はお礼の品が一発届いて終わりで、その一発がどのくらい充実してるかを選ぶのですが、「Premium Genkai」は格が違います。豪華食材が「毎月」届きます。

↓こんな感じで。

4月 上場亭のハンバーグ&加工品(ベーコン・生ハムなど)セット

5月 玄海町銘酒 特別純米酒「音音」

6月 中山牧場佐賀牛薄切り詰合せ

7月 海魚の海産セット

8月 乳牛肥育農家のアイスクリーム

9月・10月 ふるさとセット or 佐賀玄海産棚田米こしひかり ※9月・10月は配送品が入れ替わる可能性がございます。

11月 海産物セット

12月 仮屋湾の真鯛

1月  玄海北西風(あなぜ)干しセット

2月  焼肉丸福の佐賀牛他お肉詰合せ

3月  仮屋湾のトラフグ

 ふるさと納税によくある豪華食材上から順に集めました!みたいなてんこ盛り。超お得。

 流石に寄付額も高く、10万円とハードルは高いですが、お金持ちの方は是非。

■ポイントサイト経由で楽天市場を利用してポイントを3重取りする。

 次の方法は、楽天市場でふるさと納税を行う方法です。と言っても、難しい方法の専門サイトが用意されてるわけでもなく楽天市場でふるさと納税分を普通に購入するだけです。購入すると寄付する形になります。

 楽天市場と言えば、ポイントの3重取りで有名ですから、ふるさと納税でもしっかり3重取りしましょう。 3重取りの方法は以下です。

①.ハピタスちょびリッチ等のポイントサイトから楽天市場に行きます。ポイントサイトから楽天市場に行くことで、ポイントサイトのポイントが付きます。

②.楽天市場内で「ふるさと納税」と検索します。良さそうな物を見つけ、普通に購入します。この際に楽天ポイントが付きます。

f:id:i10aki:20161213233706p:plain

 ③.決済方法をクレジットカードとすることで、クレジットカードのポイントが付きます。 これで通常の3倍ポイントを得ることができ、3重取りとなります。単体の還元は大したことありませんが、3重に貰えばかなりお得です。 ちなみに楽天の場合たまにこういうのがあります。

f:id:i10aki:20161213233705p:plain

  ポイント10倍です。通常の10倍です。還元率10%です。

 つまり1万円で1000ポイント付きます。+クレジットカードポイント+ポイントサイトポイントで最大13.7%にも達します。

 全ての案件ではないですし、望みの商品ではないかもしれませんが、出来れば10倍のを探す方が良さそうです。

■まとめ

 2016年分をまだやってない人は急いでやりましょう! 急いでパパッっと終わらすには楽天の方がいいかもしれません。

 余裕がある場合はソラチカルートを邪魔しないANAのふるさと納税で。 2017年分はこれからですから、じっくり研究して備えましょう!私も来年分これから研究します。