読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

ファーウェイ第二世代ライカカメラ搭載のスマホHUAWEI Mate9を発売!旅行者にうれしいDualSIM対応、LTEバンド増など。

ガジェット-ファーウェイ ガジェット-HUAWEI ガジェット

f:id:i10aki:20161214113801p:plain          

ファーウェイ第二世代ライカカメラ搭載のスマホHUAWEI Mate9を発売!

  ファーウェイ・ジャパンは、新フラグシップ機「HUAWEI Mate 9」を発表しました。12月16日から発売。価格は定価6万800円。

 i10のお気に入り、ライカ監修のデュアルカメラを搭載した写真に強い「HUAWEI P9」の進化版が登場しました。第二世代に進化したことで高画素、高精細化もさることながら、待望の「光学手振れ補正」が搭載されました。

 キャリアアグリゲーション、4G+3Gの同時待受が可能なデュアルSIMデュアルスタンバイにも対応。SIM2枚刺しに対応バンドが増えたことで、益々旅行者に優しくなりました。

 また、iPhone7Plusと同様のボディサイズながら、大画面の5.9インチISP液晶を搭載。Android 7.0、Cortex-A73×4コアのKirin 960搭載など、全方面に渡って進化となっています。

 基本的な売りは以下の通り。

 

・1200万画素→2000万画素に高画素化した第二世代デュアルライカカメラ

・光学手振れ補正

・画質劣化が無い「ハイブリッドズーム」(仕組み上はデジタルズーム)

・Cortex-A73×4コアのKirin 960

・Android7.0

・デュアルSIMスロット、SIMフリー

・デュアルSIMスタンバイ

・LTEバンドの対応拡大

・4000mAh

過去モデル(honor 8、P9)との機能比較表

 HUAWEI honor 8HUAWEI P9HUAWEI Mate9
ディスプレー 5.2型液晶 5.2型液晶 5.9型液晶
画面解像度 1920×1080ドット 1920×1080ドット 1920×1080ドット
サイズ 約71×145.5×7.45mm 約70.9×145×6.95mm 約78.6×156.9×7.9mm
重量 約153g 約144g 約190g
CPU HUAWEI Kirin 950 HUAWEI Kirin 955 HUAWEI Kirin 960
(Cortex-A73+Cortex-A53)
2.3GHz+1.8GHz
(オクタコア)
2.5GHz+1.8GHz
(オクタコア)
2.4GHz+1.8GHz
(オクタコア)
メモリー 4GB 3GB 4GB
ストレージ 32GB 32GB 64GB
外部ストレージ microSDXC
(最大128GB)
microSDXC
(最大128GB)
microSDXC
(最大256GB)
OS Android 6.0(EMUI 4.1) Android 6.0(EMUI 4.1) Android 7.0(EMUI 5.0)
カメラ画素数 1200万画素モノクロ
+1200万画素RGB
1200万画素モノクロ
+1200万画素RGB
Leica監修レンズ
2000万画素モノクロ
+1200万画素RGB
Leica監修レンズ
光学手ぶれ補正
H.265の4Kビデオ対応
イン:800万画素 イン:800万画素 イン:800万画素
対応電波バンド LTE Band:
1/2/3/4/5/7/8/
12/17/19/20/38/40
LTE Band:
1/2/3/4/5/7/8/
12/17/19/20/26/28/38/39/40
LTE Band:
1/2/3/4/5/7/8/
9/12/17/19
/20/25/26/28/29/
38/39/40/41
GSM
850/900/
1800/1900
GSM
850/900/
1800/1900
GSM
850/900/
1800/1900
バッテリー容量 3000mAh 3000mAh 4000mAh
SIM形状 nanoSIM nanoSIM nanoSIM×2
定価(税抜) 4万2800円 5万9800円 6万800円
セール価格 3万5800円(先行予約) 3万1400円(楽天スーパーセール) 不明

 

ライカ監修、デュアルカメラが大幅進化!

f:id:i10aki:20161214124747p:plain

 高画質なライカのデュアルカメラに、待望の光学手振れ補正が搭載されました!1200万画素から2000万画素にアップした、モノクロカメラが被写体のエッジを細かく、高精細にキャッチするようになったことに加え、光学手振れ補正を搭載したことで更にシャープな写真を撮影できることが期待できます。

 マーケティング的にイマイチアピールしにくいのか、光学の手振れ補正は搭載が思ったほど進みませんが、三脚を使うことがほとんどなく、手でマウントしにくいスマートフォンにおいては効果は絶大です。

 デュアルカメラで高精細な写真を撮ることができるHUAWEIのライカ搭載のモデルならなおさらです。

 また、iPhone7Plusのような、デジタルズームだけど画像劣化のない、最大2倍の「ハイブリッドズーム」撮影にも対応しました。iPhoneは単純にカメラを2つ搭載し、広角と望遠でレンズを分けていましたが、HUAWEIのライカ搭載のモデルは2つのカメラとはいえ、モノクロ(ディテール、輝度専門)とカラー(RGB情報専用)と役目が違いますから、焦点距離を変えることができない気がしますが、どういう構造なんでしょうか?情報みつけたら追記しようと思います。

 

デュアルSIMスタンバイ(デュアルSIMスロット)、SIMフリー、LTEバンドの対応拡大でさらに海外旅行に強く!

 LTEバンドが更に追加になり、2G:5種類、3G:10種類、LTE:19種類をサポートとなりました。世界217か国の1334社の通信事業者に対応とのことですから、全世界対応と言っても間違いありません。

 

対応バンド表

[SIM 1]
FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
LTE CA DL( 国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
CDMA2000: BC0
GSM:850/900/1800/1900MHz

[SIM 2]
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
CDMA2000: BC0
GSM:850/900/1800/1900MHz

 

 前回の記事のように、国ごとの対応表を書こうかとも思いましたが、正直対応していない国を探すほうが難しいです。これから探してみますので、致命的な国があったら追記します。

 

まとめ

 一般のガジェットニュースでは、このHUAWEI Mate9を一言でまとめると「高コスパのAndroidスマホ登場!」だと思いますが、マイルで世界を旅する皆様に向けてはこう言いたいです。

「iPhoneと同じ全世界対応で、iPhoneよりも高性能なSIMフリー端末がiPhoneの半額で手に入れられる!」と。

 長年マカーですのでAppleは大好きですが、2年で捨てるデバイスに倍の値段出すのはもったいないと思います。日々破損のリスクもありますし。是非、旅が好きなマイラーなの皆さまにお勧めしたい端末だと思います。