理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

大崎〜成田格安バス「成田シャトル」乗ってみた。成田空港から大崎駅編

www.i10mile.com

www.i10mile.com

大崎〜成田格安バス「成田シャトル」乗ってみた。成田空港から大崎駅編

f:id:i10aki:20161213233730j:plain

■成田行きの新ルート「成田シャトル」

 「成田シャトル」はWILLER ALLIANCE、京成バス、千葉交通、品川区、芝山町(千葉県)、成田国際空港の各社がアライアンスを組み、新規で運行を開始した大崎駅から発車する、新しい成田空港への空港アクセス路線です。

 運行ルートは大崎駅~成田空港~芝山中学校入口~芝山町役場。 価格は片道1200円で、ネットで予約するWEB割は1000円。キャンペーンとしてしばらくの間は、6カ月有効で4枚綴り2000円「WEB回数券」が提供される。

 これにより地味に面倒だった、南東京エリアや神奈川エリアからの成田空港へのアクセスが向上、かつ低価格になりました。

 前回は、大崎駅から成田空港までのレポートを書きました。

大崎駅西口バスターミナル→成田空港→芝山町役場編

www.i10mile.com

 今回は成田空港から大崎駅までのレポートを書きたいと思います。

 単にバスで成田に行っただけだったのですが、乗客が私一人で運転手さんと沢山話せたり、レディー・ガガ(たぶん)のプライベートジェット見かけたり、A380飛んでたり面白い半日でした笑

 両方写真を撮り逃してしまったのですが、レディ・ガガのプライベートジェットらしき飛行機は、成田に着く手前から成田シャトルの運転手さんと「レディー・ガガが来日した日から駐機してある怪しい飛行機がある」と話をしていて、実際に見ると、あまりにも真っ白すぎて怪しいエアバス機が駐機場の端っこにポツン。

 何かわからなかったので後で調べると、「ホンコン・ジェット Airbus A330-200 (VP-CBE)」でした。香港の会社が所有しているレンタルプライベートジェットとのこと。

 チャーター便と何が違うんだよと思わなくもないんですが、設備がすごいのかな。レア機にもかかわらず、飛行機好きの方が写真を沢山アップしているので、是非イメージ検索してみてください。

 A380の方は11時半頃に芝山町役場について、帰りのバスが来るまで暇なのでぼけーっと空見て待っていたら、突如襲来。

 10月30日から11月9日までの期間限定で飛んでいるんですね。

 アシアナ航空は新造A380を受領後、成田に飛ばして習熟フライトを行う伝統(?)があり、今回もその一環のようです。最近5号機(機体記号:HL7640)と6号機(機体記号:HL7641)が納入されたとの事。

 OZ102 ソウル/仁川(09:20)~東京/成田(11:10)がフライトスケジュールになっていますが、見たのは11時半頃だったので、遅れてたのかな。遅れてくれたおかげで見ることができました。

■成田空港(芝山町役場)から大崎駅まで実際に乗ってみた。

 成田空港と書きましたが、このバスの本来の始発は芝山町役場です。芝山町が誘致して、成田空港へのアクセスバスを、芝山町へのアクセスバスと兼用して運営されています。

 私は行きのバスで大崎から、成田空港を経由して芝山町役場まで行っていますので、帰りもの芝山町役場からのスタートです。

11:55 芝山町役場出発

12:00 芝山中学校入口発

12:25 成田空港第3ターミナル発

12:30 成田空港第2ターミナル発

12:35 成田空港第1ターミナル発

14:00 大崎駅西口バスターミナル到着

 予定の時刻表は以上ですが、遅れることの多いバス路線。実時間はどのくらいなんでしょう。

f:id:i10aki:20161213233743j:plain

  芝山町役場から乗るのは、地元の方以外にはあまりいないと思いますが、バスの待ち時間が暇だったので、芝山町役場のバス停の利便性を書きたいと思います。

f:id:i10aki:20161213233746j:plain

 芝山町役場のバス停は、バスが2台停められる駐車場と待合室が設置されています。 

f:id:i10aki:20161213233745j:plain

 必要最低限。ベンチのみ。本棚はそのうち誰かが置いてった本でうまるのでしょうか。 

f:id:i10aki:20161213233748j:plain

 ウィラーバス停。都内のバス停を見慣れてると少ないなーと思ってしまいますが、かなりの郊外から都心までこれだけの便数が確保されてるのは凄いことです。 札幌市内のうちの実家から、街の中心に行くバスの方が少なかったなそういえば・・・ 

f:id:i10aki:20161213233747j:plain

 バス停からすぐ近くに公衆トイレがあります。安心。

f:id:i10aki:20161213233749j:plain

f:id:i10aki:20161213233750j:plain

 トイレの撮影をしていると、京成バスはどこかへ行ってしまい、ウィラー便が来ました。どこかに待機用のバスプールがあるのかな? ぴっかぴかの新造車両です。

 この「成田シャトル」のために6台も新造したのだとか。ウィラーお金持ち!新造しただけあって確かに車種そのものも今までと違い路線バス仕様車です。

f:id:i10aki:20161213233751j:plain

 貨物ドアは3つ。ターミナルごとに入れるところを決めているようです。荷物積むのと下ろすのが現地のポーターさんで会社が別々の人ですから、分かりやすさは大事ですね。

 ウィラーは通常、運転手さんが積み下ろししますから運転手さんもポーターさんに頼むのは違和感あるとおっしゃってました。

 

f:id:i10aki:20161213233752j:plain

 時間があって暇だったので、荷物もないのに無理言って貨物ドア開けてもらいました。

 ドアはターミナル別ですが、特に仕切りがあるわけではありません。

f:id:i10aki:20161213233753j:plain

 ドアごとに積むエリアを分けて間違えを防止してますが、さらに行き先ごとにタグをつけて管理してるそうです。これは絶対間違わないですね。

f:id:i10aki:20161213233756j:plain

 さぁ車内に乗り込みましょう。ニュースリリースなどで出ていた白いシートではなく、今回は黒いシートの車両でした。個人的にはこっちのが好き。赤×黒カラーリング好き。 革張りシートなのと、照明の色も相まってとてもいい雰囲気です。

f:id:i10aki:20161213233755j:plain

 補助席。予約なしでも飛び込みで乗れるのがウリですから、満員で乗れませんと言うのが避けられるのがいいですね。通常シートよりはショボいのは間違いありませんが、まぁ2時間ならこれでも問題なさそう。

 あと、席じゃないですがフローリング調の、クッションフロアのデザインがとてもいいですね。木目というのはいい。

 プラ床になる前の大昔のバスは板張りのがありましたけどそうじゃない笑 

 ウィラー便にはトイレがありませんので最後尾は5席横並びのシートです。

 

f:id:i10aki:20161213233758j:plain

 ウィラー便の売りUSBポート。通路側席は座席の横にポートがあります。

 出力は2Aまで対応。スライドできる蓋がついているので公共の充電ポートにありがちなごみがつまってるなどの心配はありません。

f:id:i10aki:20161213233757j:plain

  窓側は壁にポートがついてます。

f:id:i10aki:20161213233800j:plain

 私も充電しました。モバイルバッテリとスマホ、モバイル機器を2個同時に充電しても問題ありません。キッチリ2A出ているようです。

 そういえば、この写真に写ってる二股かつ巻き取りリールのケーブル、旅などに持ち歩くのとても便利です。一箇所でモバイルバッテリもフルチャージしちゃえば、もうこの先バッテリ切れの心配はありません。

Alpha スマートフォン用 microUSB リール式USBケーブル(データ+充電) ブラック M-ST1

 

f:id:i10aki:20161213233759j:plain

 ところで、今までの写真でお気づきでしょうか。

 乗客が乗り込む前に、シートがキッチリ清掃されて、シートベルトが各席全て整えられているんです。

 あまりにもピシッっと整えられてて、乗車した時ちょっと感動しました。

 ウィラーのホスピタリティーの社員教育が徹底されてるんですねぇ。

f:id:i10aki:20161213233803j:plain

 この車両のもう一つの特徴。ウィラー初装備の料金箱。予約不要で飛び乗りで現金でも乗れますからね。SuicaとPASMOは使用できません。

f:id:i10aki:20161213233802j:plain

 危険防止の白線認識カメラとドライブレコーダーが装備されています。

f:id:i10aki:20161213233804j:plain

 なぜかWILLER EXPRESS北信越株式会社所属の車両です。ナンバーは成田ですし千葉営業所だから北信越行くことはないのでしょうが何故?

 ちなみに意図的に外してますが、乗務員さんは運行初便のセレモニーで花束贈呈を受けた「本間」さん。ニュースサイト各社全部間違ってます。本田さんじゃないです。「本間」さんです。本人悲しんでましたよ!笑

 全部のニュースサイト間違えてたからプレスリリースの資料が間違ってたんだろうなぁ。

 ニュースサイトと比べてこのブログ見る人圧倒的に少ないですが、ここにはきちんとした情報を書きます「本間」さんです笑

 丁寧な接客と運転でとてもいい運転手さんです。

f:id:i10aki:20161213233806j:plain

 さて、USBと並んでウィラー便の売り。無料Wifiです。京成バス便はWiFi付きと言いつつ事前に別の契約をしていないと使えませんからね。無料で使えるのは便利です。 ウィラーのアクセスポイントを選択すると、メールアドレスやフェイスブック等のアカウントで利用することができます。

f:id:i10aki:20161213233805j:plain

 走行中でも2Mbpsの速度が出ており、非常に快適でした。

f:id:i10aki:20161213233801j:plain

 誰も乗っておらず私一人だったので、運転手さんとおしゃべりしつつ、ブログ書きつつ過ごしているとあっという間にお台場到着。帰りもレインボーブリッジからの景色は綺麗でしたー。 その後15分ほどで大崎に到着。

 14:00に到着予定でしたが、13:40分に到着したので、なんと20分も前に大崎駅西口バスターミナルに到着。早すぎて前のバスが出発するまで待ったほどでした。

 遅れる心配はなさそうです。

■まとめ

 乗り比べてハッキリわかりました。大崎西口バスターミナルから、成田空港までの格安バス。「成田シャトル」を利用する際は、断然ウィラー便をお勧めします。

 新造バスの気持ちよさもそうですし、清掃や乗務員の方のホスピタリティも非常に気持ちがいい。設備自体も、トイレはありませんが、USBポートや無料のWiFiが装備されておりお勧めです。

 格安空港アクセスバス初参入のウィラーですが、非常に気合が入ってて好感が持てました。逆に京成便をチョイスするとしたら、トイレの心配がある方ですね。

 東京駅〜成田空港の「東京シャトル」は大人気で満席御礼が結構あるようですので、空いてて快適な「成田シャトル」を試してみてくださいね。

 

大崎駅西口バスターミナル→成田空港→芝山町役場編

www.i10mile.com

www.i10mile.com

格安バスで旅費節約中のアナタ!航空券もガッツリ節約しましょう。というか、いっそタダで貰いましょう。

 成田シャトルは、快適便利でなにより値段が安く、とても便利な乗り物ですが、成田シャトルとスカイライナーの差額10回分を一気に航空券で節約できるとしたら?

 それが、マイルを貯める方法です。

 あー知ってる知ってるクレジットカード使いまくって貯めるんでしょ?貯まんないよあんなの。とか思ってる人が多いですが、違います。クレジットカード使いません。

 クレジットカード利用なしでガッツリ飛行機タダ乗りできる程、マイルが貯まる技があるんです。

www.i10mile.com

 勿論、クレジットカード利用でのマイル集めも併用すれば、二重に貯まってお得なので、クレジットカードマイルを否定するわけじゃないですよ。

 二重に貯めていけば、正直使い切れない量のマイルが貯まるので、是非記事を読んでみてください。

タダで海外行き放題!クレジットカード以外で年に30万マイル貯める方法。 - 理系×文系夫婦のマイル日記