理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

大崎駅から成田空港行き格安バス「成田シャトル」乗ってみた。大崎駅から成田空港編

www.i10mile.com

www.i10mile.com

大崎〜成田格安バス「成田シャトル」乗ってみた。大崎駅から成田空港編

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

■成田行きの新ルート「成田シャトル」

成田行きの格安バスの新ルート「成田シャトル」について、既に大きめのニュースになっているので知っている方が多いと思いますが、ご説明。

 

「成田シャトル」はWILLER ALLIANCE、京成バス、千葉交通、品川区、芝山町(千葉県)、成田国際空港の各社がアライアンスを組み、新規で運行を開始した大崎駅から発車する、新しい成田空港への空港アクセス路線です。

運行ルートは大崎駅~成田空港~芝山中学校入口~芝山町役場。

「成田シャトル」の価格は片道1200円で、ネットで予約するWEB割は1000円。キャンペーンとしてしばらくの間は、6カ月有効で4枚綴り2000円「WEB回数券」が提供される。

 

これにより地味に面倒だった、南東京エリアや神奈川エリアからの成田空港へのアクセスが向上、かつ低価格になりました。

例えば、大船や戸塚からNEXに乗るとラクですが、4,620円もします。LCCなら下手すると航空券の方が安いんじゃないだろうか・・・。大崎まで湘南新宿ラインで行って(712円)そこから「成田シャトル」(1,000円)で向かえば、1,712円で済みますから、半額以下です。往復で考えると差額は5,816円。これは大きい。

 

あと、地味に千葉県芝山町に行きます。自治体がお金を負担して住民のためにアクセス路線を誘致するのは新しい試みでとてもいいと思います。バス会社としても大したコストじゃ無いし、収入も入るし、運行待ちのバスプールも確保できて万々歳です。ついでに芝山町は成田空港前泊やトランジット用の安宿でも整備すれば、芝山町も儲かるし、雇用も創出できるんで無いかな。ホテル自体が終始トントンでも食べ物とかで落ちるお金の経済効果はバカにはできない。2000円とかなら喜んで使っちゃうよ。

 

また、「成田シャトル」は従来の鉄道に比べ、時間の自由度がアップしている事も特徴。 「成田シャトル」の朝の最も早い時間は5時15分大崎発、6時30分成田空港着。「成田シャトル」の夜の最も遅い時間は25時00分大崎発、26時20分成田空港着。 更に順次増便も予定されているとのこと。

 

個人的には北エリアと埼玉エリアも、何とかして欲しいと思ってますが、日中帯の京成の空港アクセス特急(特急と言う名だけど普通運賃)や、夜間のイブニングライナー(スカイライナーそのまんまだけど特定時間だけ安い)があるだけマシと言う判断なんでしょうか。

池袋〜成田空港のバスができたら、物凄く人気になると思うんだけどな。池袋〜羽田もイイ。でもこっちはJRの空港アクセス新線で、埼京線が直通になりそうだから良いのか。

 

■大崎駅から成田空港まで実際に乗ってみた。

芝山町役場→成田空港→大崎駅西口バスターミナル編

www.i10mile.com

さて、上に書かれていることはニュースサイトなどでも既に書かれていることなのでご存知の方も多いと思います。それだと記事にする意味あまりないので、「成田シャトル」に実際に乗ってみました。

 

まずは、「成田シャトル」の公式サイトから、乗る前日にキャンペーンで安くなっている回数券を購入しました。半額ですね。

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

ただし、これ回数券とは言うものの、Webクーポンなので注意が必要です。クーポンを利用して、Web上で席の予約を完了して初めて使えます。あとで出てきますが、運転手の方は運行開始からの数日間で、Web回数券をプリントして持ってきて使えず、正規料金で乗った方が何人かいたと言っていました。

 

さて、私はきちんと予約を終えたので大崎に向かいます。

9時45分発の便にしました。

 

大崎駅西口バスターミナル 9:45

成田空港第2ターミナル(3階) 11:15

成田空港第1ターミナル(4階) 11:20

成田空港第3ターミナル 11:25

芝山中学校入口 11:40

芝山町役場 11:45

 

さて、実時間はどのくらいで着くんでしょうか。

 

■大崎〜成田空港〜芝山町役場

公式サイトや予約メールだと「大崎駅西口バスターミナル」としか書いてないので間違えやすいですが、「大崎駅西口バスターミナル」は「大崎駅」の「新西口」側なので注意が必要です。まぁ大回りに歩くだけなので「西口」と間違えても致命傷ではありませんが、大きな旅行鞄持って遠回りしたくないですよね。

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

大崎駅の新西口は大崎駅「南改札」方面にあります。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

改札の上の看板が新西口ときちんと書いてありますね。改札出て右に向かいます。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

 出てすぐポスターが貼ってありました。だいたい1年くらい前に新設されたらしいです。妙に綺麗だと思ったら、そう言うことなんですね。築一年ならそりゃきれいだ。

ただ、ここの利用率はあまり高くなかったらしく、駅や自治体側からWILLERに相談したところ、空港アクセスを作ろうとなったのだとか。

WILLERは下々からは見えない謎の力が、半年ごとくらいに働くとバスの運転手さんとかからも評判です笑

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

改札から20mくらいに、大崎駅西口バスターミナルへ向かう階段があります。降りましょう。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

大崎駅西口バスターミナルが見えてきました。小ぶりだけど機能的な長距離用のバスターミナルです。

 

すごくスペース効率が良くて素晴らしいなぁーと感心してたのですが、後から聞くと切り返しが死ぬほど大変で運転手泣かせだとか笑

「成田シャトル」に限らず大崎駅西口バスターミナルを経由する便に乗務する、運転手専用の訓練として、三角コーンを使ったターミナル入庫の研修をするそうですよ。ベテラン乗務員でも3日間大崎線用の研修をするのだとか。本当に大変なんだな・・・

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル確かにこれ入れるの大変そう・・・・

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

完全に屋外だけど、液晶の時刻表でした。ハイテク。東京すげー。

成田シャトルのポスターがペタペタ貼ってありますね。

 

私は写っている9時45分の便に乗ります。やたら早くついたので、周りの時間つぶし施設をご紹介しましょう。

 

「成田シャトル」の発着する大崎駅西口バスターミナルには、都合よくバス停の目の前にTSUTAYAとスターバックスがあります。

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

 最近都内に増えている、「座り読み」が可能なタイプのTSUTAYAとスタバの複合店で、コーヒーを飲みながら買ってない本も「無料で」読むことができます。

営業時間は朝07:00~深夜02:00。

バスの運行時間をほぼカバーしている物凄い都合の良い施設です。

真冬でも寒い思いをせず、暖房と温かいコーヒーで時間を過ごすことが出来ます。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

店内は画像のテーブル席と、窓際のカウンター席があるので都心部のスタバとしては席数は多め。大崎は大規模ビルばかりのオフィス街ですから、平日のカフェ需要が高いので、そのための席数なんですね。

ビジネスマンが利用していない時間帯なら、画像のように結構空いてます。

都内のスタバ混んでることが多いから珍しいですよね。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

カウンター席にはコンセントがあります。しかも1席に2口!隣が空席だったり、お断りしたりすれば最大4口まで使用することができます。電源命のガジェット人間にはとってもありがたい設備ですね。

長旅から帰って来たときや、仕事帰りそのまま空港に向かう際に、「成田シャトル」に乗る前の一休みでフル充電できるかもしれません。

余談ですが急速充電用の充電アダプタ一つ持っていると便利ですよ。標準のとまるで充電時間が違います。マジ速い。

最大6倍速。

Anker PowerPort+ 1 (Quick Charge 3.0 18W USB急速充電器)

Anker PowerPort+ 3 (42W USB急速充電器 Quick Charge 3.0対応)

短時間の待ち時間で一気に実用的な充電レベルまで回復してくれます。

一晩とか掛りがちなモバイルバッテリにもガンガン充電してくれるので、私はコンセントがあればスマホとモバイルバッテリ両方一気に繋いじゃいます。

Anker PowerCore 20100mAh

2万mAhのこれ持ち歩いて、コンセント見つける度に急速充電すれば、海外旅行と言えど絶対にバッテリ切れは起こさないと思います。

 

スマホとバッテリを一気に急速充電できるので、3ポートタイプが私の好みと用途にぴったりなんですが、ちと残念なのが1ポートタイプは1ポート3Aまで出力できるのに、3ポートタイプは1ポート2.4Aまでなのでちょっと弱い。次期モデルで強くなっているといいな!

 

さて話を戻しましょう。

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

「成田シャトル」の発着する大崎駅西口バスターミナル横の公園には、公共トイレがあります。店が開いていない早朝便を利用する場合でも安心ですね。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

さぁ時間も近づいたのでバス乗り場に行きましょう。

行きは右の京成バス運行の「成田シャトル」です。左のバスは私が出発した後に出発する、WILLER運行の「成田シャトル」です。

 

大きな違いは京成バスは「トイレあり」で「USBなし」で「無料WiFiなし(有料Wifiはあり)」(最近変更になりました!京成バス、全高速バスに無料Wi-Fi導入。「KeiseiBus FREE Wi-Fi」 - 理系×文系夫婦のマイル日記)です。

WILLER運行便は「トイレなし」で「USBあり」で「無料WiFiあり」。

 

京成運行便で向かう際は、先ほどのスターバックスで充電してから向かいましょう。

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

荷物庫は3ドア分あります。2ドアだけ開いてますが一番左も貨物室です。 荷物はバスターミナル専属のポーターさんが出し入れしてくれます。大きな荷物を安心して預けられるのもバスならではですね。

電車だと大きな荷物自分で抱えるので面倒ですし。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

車内の様子。既に他路線で運行しているバスの転用です。まだ乗客はまばら。この便は私と5人で6人でした。席にUSBポートはありません。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

車内Wi-Fiは株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスのWi2 300です。月額362円を支払いWi2 300を契約するか、BIC SIMやワイヤレスゲートSIMなどを契約してオプションとして利用することができます。誰でも利用できるわけではありません。 「WiFiあり」と名乗ってて、Wi2 300やYahoo!無線LANスポットなのはがっかりしますね。 2016/11/21更新 (最近変更になりました!京成バス、全高速バスに無料Wi-Fi導入。「KeiseiBus FREE Wi-Fi」 - 理系×文系夫婦のマイル日記

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

WILLER運行便との決定的な違いが、このトイレです。

2時間の路線ですから基本的には不要かと思いますが、朝5時に出発する便などは体が冷えてますからトイレありの路線を選んだほうがいいかもしれませんね。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

トイレ内の様子。写ってませんが大型の消臭芳香剤が置いてあり、匂いもなく快適でした。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

ツアーバスとの違いがこの料金箱。予約せずに飛び乗りでも席が空いてさえいれば乗ることができます。料金は正規料金の1,200円。補助席がたくさんありますから、飛び乗りも結構大丈夫そうです。

Suica、PASMOは利用することができません。現金のみです。

 

さぁ出発です。

定刻の9時45分に出発しました。

f:id:i10aki:20161213233735j:plain

大崎をでて、目黒ICから首都高目黒線に入ります。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

 目黒線→中央環状線→羽田線→レインボーブリッジ→湾岸線と進んで行きます。久々にバスでレインボーブリッジを通りましたが、景色よかったー!やっぱりハイデッカーはいいですね。自家用車とまるで違います。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

いい景色。

話題の豊洲市場も綺麗でいいデザインです。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

 高速道路を延々と快調に走り、成田空港第二ターミナル到着です。

10時55分に到着しました。11時15分到着予定でしたから20分も早いです。これはいいですね!遅れることを覚悟して早めに出るのが普通のバスですが、逆に20分も早く着きました。定時性に期待できます。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

成田空港第一ターミナルへは到着予定11時20分のところ、11時ちょうどに到着。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

成田空港第三ターミナルへは11時25分到着のところ11時7分に到着。

 

ここで私以外の乗客の方全員降車。一人になりました。誰もいなくなったので、運転手さんと雑談スタート笑

「なんで大崎だったんですかねぇ?」とか、「JRの羽田アクセス線に京成バスが戦々恐々してる」とか、中々聞けないお話聞きながらの楽しいドライブでした笑

羽田アクセス線のお話は、羽田〜ディズニーランド線が、現在京成バスのドル箱路線なので、京葉線直通のJR線が出来たらガチでヤバい。とのこと。確かにその路線できたらバス乗る人はいないだろうな・・・・。

 

大崎駅から成田空港への格安直行バス成田シャトル

成田空港を出て芝山町に向かう途中に、ジェットスターのトレーニングセンターがありました。 こんな所にあるんだ。

 

本来は途中に「芝山中学校入口」と言うバス停があるのですが、お客さん誰もいないので通過して目的地で終点の芝山町役場に到着しました。どこにあるかわからなかった・・・・

11時45分到着予定でしたが、終点には11時30分に到着。

 

■まとめ

湾岸線の流れも良く、快調でとても良かったです。

京成バス側の「成田シャトル」に乗った感想としては、東京駅〜成田空港便である「東京シャトル」とほぼ変わりません。

 

大崎の地理的条件で、東京南エリアからのアクセスがとても良いと言うことは当然ですが、私が「成田シャトル」が「東京シャトル」より決定的に良いと思うのは、バスそのものではなく、駅(改札)から近いことと、スターバックスの存在だと思います。

 

メガターミナルである東京駅である以上仕方ないのですが、「東京シャトル」は東京駅の改札からかなり歩きます。大きな旅行鞄を持って移動するのは億劫です。それに比べて、大崎はターミナル駅ですがコンパクトなので、「成田シャトル」までの距離はとても短いです。この距離の差は大きいと感じます。

 

スターバックスに関しては、朝7時〜25時まで営業していて暖かく電源も確保できるカフェがバス乗り場から1分のところにあるのは非常にポイント高いです。

乗るまでの時間を快適に過ごせる事も良いですし、乗る直前に熱々のコーヒーを購入して、バスの中で優雅にコーヒーを飲みながら過ごせるのはとても大きいポイントです。私もショートのドリップコーヒーを店内で飲み干してから、ワンモアコーヒーサービスの2杯目をバスに持ちこみ美味しく味わっておりました。

 

さて、行きは京成バス運行便の「成田シャトル」でした。

WILLER運行便の「成田シャトル」は、新造車であることやUSBや無料WiFiがある事が特徴です。

感想はだいぶ変わるのでしょうか。

 

次の記事で紹介します。

芝山町〜成田空港〜大崎編に続きます。

芝山町役場→成田空港→大崎駅西口バスターミナル編

www.i10mile.com

www.i10mile.com

格安バスで旅費節約中のアナタ!航空券もガッツリ節約しましょう。というか、いっそタダで貰いましょう。

成田シャトルは、快適便利でなにより値段が安く、とても便利な乗り物ですが、成田シャトルとスカイライナーの差額10回分を一気に航空券で節約できるとしたら?

それが、マイルを貯める方法です。

あー知ってる知ってるクレジットカード使いまくって貯めるんでしょ?貯まんないよあんなの。とか思ってる人が多いですが、違います。クレジットカード使いません。

クレジットカード利用なしでガッツリ飛行機タダ乗りできる程、マイルが貯まる技があるんです。

www.i10mile.com

勿論、クレジットカード利用でのマイル集めも併用すれば、二重に貯まってお得なので、クレジットカードマイルを否定するわけじゃないですよ。

二重に貯めていけば、正直使い切れない量のマイルが貯まるので、是非記事を読んでみてください。

タダで海外行き放題!クレジットカード以外で年に30万マイル貯める方法。 - 理系×文系夫婦のマイル日記