理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

古いMacは自分で直せ!HDD交換後、高速で回るファンを黙らせる。FanControl

HDD交換後、高速で回るファンを黙らせる。FanControl

f:id:i10aki:20161213230239j:plain

 また、旅と関係ないんですけどね。

 このブログ書いてる環境の話を一つ。 i10が一番長い時間触っているPCはMacです。ジャンクで買って修理した2012年のMacbookProと、でっかい画面で使いたいときはiMacです。

 Macのいい所は、キーボードの打ち心地が素晴らしい事と、大抵の保守パーツが手に入るので、ジャンクで死ぬほど安くゲットしても、問題なく使えると言う事ですね。他社のノートPCだとこうはいきません。あ、レッツノートは部品あるか。シリコンゴム足とかの細かいパーツも1個単位で買えるもんね。アレ。大抵ハードに使われて、ボロボロでうまみ無いけど。

 意識高い系必須アイテムとか、オサレ度は1ミリも考えてません笑

 奥さんが使ってるのは、2009年のMacbookProです。Core 2 Duoの。古いけどこれがまた中々壊れない。SSD換装済みなので、ネットを見るだけなら何も困らないです。

 間にもちゃんと買ってるんですよ。SurfacePro2とか、6画面対応の自作機とか、4Kデュアルモニタ対応の自作機とか。そっちのがずっと速いのですが、何かと使いやすいのでついついMacを触っちゃうんですよね。

 さて本題。 Macは割と簡単に直せます。ちょくちょく修理記事書いていこうと思います。

 今回はiMacで一番壊れるHDD。このHDDを交換した際に最大の敵となるファンエラーと戦います。

■修理自体の方法

 HDDの交換自体はiFixitを参考にしましょう。 ほんとは分かりやすく紹介したいんですよ。したいんですが、最大手iFixitサマには逆立ちしても勝てませんがな・・・・

jp.ifixit.com

f:id:i10aki:20161213230237j:plain

 下のリンクからアクセスし検索欄に、自分の持っているmacとのmacの年数を入力します。 私の場合はこれですね。

 iMac Intel 24" EMC 2134 and 2211 Hard Drive Replacement - iFixit

 iMacの場合は普通のドライバーだけでは分解ができませんので、以下の道具を用意します。iFixitの道具が確実で安心できますが、届くの時間がかかるのでAmazonでサクっと買っちゃいましょう。

道具が届いたら、iFixitの手順に従ってHDDを交換しましょう。

■HDDの交換が終わった後

交換が終わると何が起きるか。

HDDが無事に治った。OS入れて安心だ。では、済みません。

内蔵ファンが猛烈に回転します。

原因は一度分解すると、温度センサーがうまく働かなくなるから。

f:id:i10aki:20161213230238j:plain

 温度センサーはこれですね。

 丁寧に作業すればOKと書いてあるサイトもありますが、どんなに丁寧に剥がしても必ずエラーを出しやがります。その割に、iMacのHDD交換の修理記事は、このファンエラーの記載があまりにもないんですね。ほぼ必ず起きるのに。

 HDDを交換した後に急にファンが暴走し始めて焦ります。

 新しいiMacだと、Apple専用のHDDの内蔵温度センサーがあるため、どんなに丁寧にやろうともHDDを交換した時点でアウトです。

 じゃあ、自分で交換できないのかというとそうではありません。 1つのアプリをインストールするだけで解決します。

■Macs Fan Control

 macs fan controlというアプリを使います。

 過去には死ぬほどめんどくさい作業した上で、うまく制御しない残念なスクリプトとかもあったのですが、これはインストールしただけで、ほぼ確実に動作してくれます。

f:id:i10aki:20161213230239j:plain

Fan Control ダウンロードサイト

http://www.crystalidea.com/macs-fan-control

f:id:i10aki:20161213230241j:plain

サイトを開き、「Macs Fan Control for Mac OS X (8.61 MB, OS X 10.7+, download for 10.6)」をクリックします。

f:id:i10aki:20161213230240j:plain

bootcampでwindowsを使っている方は、下のMacs Fan Control for Windows (Boot Camp) (6.22 MB)をwindows上でダウンロードしましょう。

f:id:i10aki:20161213230242j:plain

 ダウンロードが済んだら「macsfancontrol.zip」をダブルクリックし、解凍します。

f:id:i10aki:20161213230242j:plain

  出てきたMacs Fan Controlをクリックします。

f:id:i10aki:20161213230243j:plain

警告が出ますが気にせず「開く」を押してください。

f:id:i10aki:20161213230244j:plain

アプリケーションフォルダへの保存がきかれますので、「アプリケーションフォルダに移動する」をクリックしてください。

f:id:i10aki:20161213230247j:plain

macs fan controlが起動します。

 起動した瞬間静かになるのではないでしょうか? 元々はファンを細かく制御し、静穏化するためのツールですので、「環境設定」や「custom」などの項目で細かく設定が可能ですが、HDDを交換した後の暴走したファンを黙らせるだけなら起動するだけで問題ないと思います。

 もし、うまく制御されない場合は「custom」の項目をいじってみてください。