理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

旅の写真はスマホのがいい理由。Amazonフォトで一切操作せず完璧にバックアップしよう。

スポンサーリンク

旅の写真はスマホのがいい理由。Amazonフォトで一切操作せず完璧にバックアップしよう。

f:id:i10aki:20161213224210p:plain

写真は手軽に。

 そう思う方が殆どだと思います。

 現にスマートフォンの普及で、コンパクトデジタルカメラの市場がどんどん小さくなってきました。

 既にそう思ってる方にはおすすめの記事です。

 手軽に撮れば撮るほど、バックアップはあまり考えてないものです。

 もしもに備えてバックアップを完璧にしましょう。旅の間は落下、水没、紛失のリスクが普段の何倍にもなります。更に、SDカードや本体メモリに使われているフラッシュメモリは、稀に突然死します。私もついこの間死にました。

www.i10mile.com

 寿命なのか、不良品なのか、荷物検査のX線なのか不明ですが、消えたものは消えました。

 幸いこのSDカードには、写真が入っていませんでしたがバックアップの重要性を感じる事件ですね。

 また、手軽じゃないカメラが好きな方。

 私もちゃんとしたカメラが大好きです。

 おじいちゃんがNikon派の文字通りニコ爺で、父親がCanon派のキヤノネットで、私はSONY派のGKです。

 「カメラは好き」です。

 でも、「写真」に物凄いコダワリがあるかと言うと、そうでもないんですね。 もちろん綺麗であれば綺麗なほど、良いには決まってます。

 ですが、何時間もシャッターチャンスを粘ったり、巨大で重い機材抱えてロケに出かけたいかと言うと微妙です。

 爺さんもニコンを山ほど持ってるし、オリンパスの初代PENからずっと持ってたり、絶対使ってなさそうな、4×5のシステムがでてきたりするので、写真が好きと言うよりは単にカメラが好きなんじゃないかなって最近思えてきました。

 実はそういう人多いんじゃないでしょうか。

 良いと思います「カメラ好き」。「写真好き」とは違う趣味です。カメラはカメラで集めましょう。

 そういう方、折角のカメラ使おうと思いつめず、いっそ思い切って旅はスマホ一本でお出かけしてみてはどうでしょう。

 最新のスマホは思った以上に綺麗です。

www.i10mile.com

www.i10mile.com

 撮った後の写真の管理やバックアップも笑えるほど楽になります。

 検討してみてはいかがでしょう。

■具体的にどうやるのか。

結論だけ最初に行っておくと

・カメラの綺麗な最新のスマホを用意する。(大前提)

・グリップを使う。

Amazonプライム・フォトを使用する。

この3つを揃えるだけで、荷物と心配が激減します。順に解説しましょう。

■カメラの綺麗な最新のスマホを用意する。

 お手軽さを極めるだけなら、たった1行で終わります。

最新の「iPhone」を買います。iCloud拡大容量契約してバックアップします。以上。

 雑!と思うかもしれませんが、歴代iPhoneのカメラは、その時期その時期で最強なんですもん。 iPhone7Plusに関しては、スマホカメラの致命的な弱点だった光学ズームすら付きました。

 しかも、既に持ってる人が多いですから説明も簡単です。iCloudも使いやすい。

 逆にだめなところは、コスパでしょう。 マイラーに多いと思いますが、私はコスパ信者です。「コスト」「パフォーマンス」ですからパフォーマンスも大事ですが、何よりコストは非常に大事です。

 iCloudの容量単価と、本体の容量単価が高い。カメラ主体と考えるとこれが痛い。

 単なるスマホ入門記事なら別にiCloud一択でいいのですが、カメラを置き換えましょうと言っている記事で、容量面でコスパ悪いサービスはどうもいまいちです。

 iPhoneのカメラ自体は素晴らしいですから、カメラとしてiphoneを使いましょう。容量単価の部分は別のサービスで補えばいいんです。

後述しますがAmazonプライム・フォトです。

 Android派なら、今なら「Huawei P9」か「Huawei honor 8」を買いましょう。私マカーですけどP9大好きです。良いものです。 Androidには、Googleフォトと言う強力なバックアップサービスがありますが、こちらも後述する理由で、Amazonプライム・フォトのほうがいいと思います。

■グリップを使う。

 次に大事なのはグリップです。

 あれでしょ?中国人もってる一時期流行った、自撮り棒。

 ちょっと違います。まぁ自撮り棒でもいいんですが、オススメはちょっと違うやつが便利です。

 グリップにもなるし、三脚にも変形するし、畳めば小さくなるで便利なやつ。

 これ。

2way 卓上三脚+スマホホルダー

 たった800円ちょいで、イイ働きしてくれます。

 もっと予算があるなら、スイッチついたのとか、頑丈なのとか色々あるので、もっと良いやつ買ってください。最低限はこれ。

 なくても写真は撮れるし、必須じゃありません。

 しかも、持っていると観光地で中国人に間違われる度が50%くらいアップするため、デメリットすらあります笑

 なのになぜ、ワザワザ大事と強調するのか。

 それは、旅行の時のカメラを置き換える目的で書いてるからです。

 スマホカメラがダメな理由を、カメラ好きに聞くと、第一は画質理由。次に意外に多い返答がが、「グリップできないこと」と答える人が多いんですね。

 確かにスマホはどこ持っていいかわからないです。本体のほとんどが触ると誤操作されるタッチパネルで構成されてるし、最近はベゼルレスデザインなんて流行ってるから尚更です。

 シャッターボタンも画面なので、片手で摘む形でホールドすることになり、綺麗な写真を撮りたい人からは、これはアカン。ブレる。と言う感想になっちゃうわけですね。

  だから、しっかり握る所を作ってあげてください。

 グリップがしっかりできれば、スマホのカメラに対する印象全く変わりますよ。

 800円ちょいで買えるので、騙されたと思ってまぁ物は試しで。

 ほんとにダメだったら、メインカメラのトラベル用の三脚にでもしてください。軽いですから無駄にはならんですよ。

Amazonプライム・フォトを使用する。

 さて、ここからが一番重要なところ。

Amazonプライム・フォト

 何それ?って方も居ると思います。知ってる方は読み飛ばしてください。

 このサービスがキーポイントです。これがあるから圧倒的に便利なんです。

 Amazonプライム・フォトとは、Amazonがプライム会員向けのオマケサービスとして提供している、写真のクラウド保存サービスです。

 プライム会員なら利用料は無料。

 といっても、プライム会員になるために年3,900円払いますから、料金としては3,900円/年。月にすると325円/月です。

 金かかるんかい。って、思うかもしれませんが、写真保存だけみても他サービスに比べて圧倒的に安い(後述します)ですし、そもそも配送が爆速になったり、音楽聴き放題、映画見放題とかになるプライム会員のオマケとして、メチャクチャ便利な写真向けサービスが付いてくるので、単純な3,900円/年とはちょっと違います。

 他サービスと比べての優れてる点としては

①.写真を無圧縮、容量無制限で無限に保存できる。

②.一切操作をせず、毎日自動でネットの向こうのクラウドに保存してくれる。

③.圧倒的に安い。

④.サービス停止リスクが少ない。

 この4点です。これを満たすサービスは他にはありません。

 順に他サービスと比較してみますね。

①.写真を無圧縮、容量無制限で無限に保存できる。

 無制限に保存できる代表的なサービスとして、Googleフォトがあります。私も以前は使っていました。しかし、Googleフォトは無料では圧縮した小さなサイズの画質の落ちる画像しか保存されません。

 100GBで1.99ドル/月。1TBで9.99ドル/月。10TBで99.99ドル/月払えば、高画質な無圧縮の状態で保存できます。私はお金を払ってこれを使ってましたが、3ドル/月ちょっとで無制限のAmazonプライム・フォトには敵いません。

 Flickr Proと言う手も在りますが、年間49.99ドルなので、やはりコスト面で勝てません。1TBまで無料なので、スマホオンリーならこっちでもいいかもしれませんが。

 はてなブログ使う人には、Flickr便利ですから、はてな民もFlickrでいいかも?

②.一切操作をせず、毎日自動でネットの向こうのクラウドに保存してくれる。

 これはデジカメには不可能です。スマホの圧倒的なメリットですね。

 旅の途中、疲れてる時、マメにバックアップするのがどんなに面倒か。誰でもわかりますね。

 オリンピックカメラマンは旅先の現地で、昼は撮影。夜バックアップとクライアントへの送信で、ほとんど寝られないと聞きます。プロは写真データが消えたらご飯が食べられないので、やむ得ず作業するんでしょうが、一般人にそれは必要なんでしょうか。

 できれば休みたいですし、普段の生活の中でも意識しない方がいいに決まってます。eyefiを使う方法がなくは無いですが、コスト面でやはり不利です。

 スマホにおいても、自動でバックアップするサービスは幾つもありますが、ここまで低コストなのはありません。

③.圧倒的に安い。

 上に何度も書いてますが、写真を無圧縮無制限で保存可能な、3,900円/年(325円/月)以下のサービスは存在しません

Amazonプライム・フォト

画質無劣化 無制限:3900円/年(様々なプライムサービス付き)

iCloud 画質無劣化 50GB:130円/月 200GB:400円/月 1TB:1300円/月 2TB:2500円/月

Googleフォト 画質劣化⇒無制限 画質無劣化 15GB:無料 100GB:1.99ドル/月 1TB:9.99ドル/月 10TB:99.99ドル/月 20TB:199.99ドル/月 30TB:299.99ドル/月

Flickr Pro 画質無劣化 1TB:無料 無制限:5.99ドル/月、49.99ドル/年

Dropbox(フォトストレージではありませんが) 画質無劣化 1TB:1000円/月

④.サービス停止リスクが少ない。

 これは、二つの意味を持ちます。

 一つ目は安定稼働すると言うこと。私は止まってるの見たことありませんし、そもそもAmazonのサービスのS3やAWSは、安定第一の法人ユースでも大人気です。

 二つ目はサービスそのものが無くなるリスクについて。ストレージ無制限は様々な会社が何個もサービスを作ってきました。無制限の先駆けBitcasaは私も過去に使ってましたが、消えました。Flickr Proも一度消えてますし、マイクロソフトすら無制限ストレージは挫折してます。

 莫大なコストがかかるため、資金難でサービスが無くなると言うことが普通にあるんですね。

 その点AmazonはS3で培った、世界で最も安い単価のストレージを持っています。また、世界で唯連続赤字が許される会社なので、そう簡単には終わらないと思います。

■使い方。

 何しろ無制限ですから、デスクトップ版のアプリを入れて、RAWファイルなどの巨大ファイルをぶち込んでも勿論OKです。そちらの方がコスパ的に良い使い方です。

 今回はあくまで、旅カメラをスマホに置き換えることが目的なので、スマホ中心に解説しますね。

 まずはAmazonプライムに入会します。これが無いと何もできません。 

f:id:i10aki:20161213224211j:plain

 プライム会員の登録が無事できたら、Amazonフォトのアプリをスマホにインストールします。

 下記のリンクがうまくいかない場合は普通に検索してみてください。

Amazon Photos

Amazon Photos
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

Amazon Photos - Cloud Drive

Amazon Photos - Cloud Drive
無料
posted with アプリーチ

 

 

 

f:id:i10aki:20161213224212j:plain

 丸で囲ったアプリをインストールします。 

f:id:i10aki:20161213224202p:plain

 インストールが完了したら、アプリを起動します。

f:id:i10aki:20161213224203p:plain

  プライム会員に登録したメールアドレスとパスワードを入力します。 

f:id:i10aki:20161213224204p:plain

自動保存をOKにします。 

f:id:i10aki:20161213224206p:plain

 自動保存の対象を「保存」を選択します。 

f:id:i10aki:20161213224213j:plain

 三のアイコンをクリックし、メインメニューを出します。 

f:id:i10aki:20161213224205p:plain

 ストレージの管理をクリックします。 

f:id:i10aki:20161213224208p:plain

 フォルダーの管理をタップします。

f:id:i10aki:20161213224209p:plain

 バックアップしたいフォルダ全てにチェックが入っていることを確認します。

 これで設定完了です。 あとはスマホで写真を撮りまくって、たまにWiFi繋いであげれば勝手に写真が保存されます。

■まとめ

 クラウドにさえファイルを保存しておけば、万が一スマホやメモリーカードが壊れた際は、スマホでも再ダウンロードできますし、PCで一括DLしても構いません。 スマホのことばかり書きましたが、勿論デジカメのデータを、PC経由でアップロードすることもできます。

 年3,900円でデータロストの心配から解放されましょう。
スポンサーリンク