読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

スカイマークの深夜便「夜ふかしフライト」に乗ってみた。羽田→新千歳編

スカイマークの深夜便「夜ふかしフライト」に乗ってみた。羽田→新千歳編

f:id:i10aki:20161213224116j:plain

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com

■夜ふかしフライト行きの便羽田⇒新千歳

 1週間の北海道への帰省はスカイマークの「夜更かしフライト」で行ってきました。 マイルを貯める日記ですが、マイル関係ないです。

 なぜならばマイラーに目覚める前に予約しちゃったから。 お金払っちゃったものはしゃーない。 しかも、予約後に春秋航空(スプリングエアラインズ)の成田-新千歳便も就航したから、そっちに乗っておけばいいネタになったのになー。 残念。 でも折角なので楽しみましょう。

■夜ふかしフライトとは

 『夜ふかしフライト』『目ざましフライト』とは、スカイマークが夏〜秋の羽田限定で運航している深夜の離発着の空いた枠を利用した深夜便で、仕事帰りの会社員でも余裕で北海道や沖縄に遊びに行ける深夜バスのようなフライトです。

 新千歳空港側の深夜発着枠の問題などもあり、羽田だけ空いても運航できませんでしたが、新千歳や他の空港も近年緩和されたことで各社続々と便数が増えています。

 お値段も深夜バス並みにとてもローコストで、お財布にも優しいです。

 2014年から夏の定番として就航しているANAのギャラクシーフライトは、貨物ハブとなった沖縄行きの貨物便のオマケでお客を乗せてくれるだけなので、お客さんが仮にゼロでも問題ありません。 スカイマークは純粋に旅客便ですので、運航が続いていると言う事は深夜便に結構需要があると言う事ですね。

■運航便

 夜ふかしフライト、目ざましフライトとしてスカイマークが設定してるのは以下の10便です。

[羽田 – 那覇]

SKY 527便 羽田 02:35 → 那覇 05:20

SKY 528便 那覇 03:05 → 羽田 05:25

運行期間:2016年7月2日 – 2016年10月2日

※月曜日は運航なし

[羽田 – 札幌]

SKY 731便 羽田 21:30 → 札幌 23:05

SKY 732便 札幌 00:10 → 羽田 02:00

運行期間:2016年7月2日 – 2016年10月2日

[名古屋 – 札幌]

SKY 769便 名古屋(中部) 19:30 → 札幌 21:15

SKY 768便 札幌 21:50 → 名古屋(中部) 23:40

運行期間:2016年7月2日 – 2016年10月2日

[名古屋 – 那覇]

SKY 951便 名古屋(中部) 06:00 → 那覇 08:15

SKY 958便 那覇 21:50 → 名古屋(中部) 23:55

運行期間:2016年4月29日 – 2016年10月2日

[茨城 – 那覇]

SKY 539便 茨城 19:00 → 那覇 22:15

SKY 530便 那覇 07:25 → 茨城 09:55

運行期間:2016年4月28日 – 2016年10月29日

 新千歳便よりエグい時間の沖縄便。と、思いきや後述しますが実際乗ってみると着いた後を考えると実は沖縄便のが楽かも?と思いました。

■まずは羽田に行く

 前置きはこのあたりにして、さて出発です。

 乗る飛行機は「SKY 731便 羽田 21:30 → 札幌 23:05」です。

 特殊な深夜便とは言え、割と早い時間なので羽田までは別に難しいことは何もないです。

 モノレールも京急も0時まで動いてます。レストランも22時までやってる所があるので、食事も問題ありません。

 第一ターミナルだけに絞っても、洋食全般の「銀座ライオン」が22時まで、天丼の「てんや」が22時まで、イタリアンの「ロイヤルドミニコ」が22時まで、うどんそば等の「あずさ」が22時30分まで、「マクドナルド」が22時45分まで、「プロント」が23時まで。

 21時までで良ければもっと沢山。

 20時までに食べるならほぼ全部の店が開いてます。

 21時30分のフライトには十分かと。 ただし、スカイマークの搭乗口に近いエアポートラウンジ(2F北)は20時30分で閉まっちゃいます。羽田は誰でも使える無料のWiFiもあるし、席にコンセントが付いてるから困ることは殆どないかとは思いますが、飲み物欲しい方は普通に自販機で買いましょう。スカイマークにはフライト中のドリンクサービ スが無いので500mlのペットボトル買っといたほうがいいですよ。

※一応機内でミニペットボトル(100円。良心的)買えます

 今時は定時でスパッっと帰れる仕事のほうが少ないですから、19時くらいまで都内で「普通に」仕事をして退社。1時間くらい移動して20時から軽くご飯を食べて、チェックインを済ませ21時ころ搭乗口へ。

 仕事を焦って片づける必要もなければ、ご飯を抜くこともない。普段通りにフツーに1日を過ごしてフツーに乗れる。

 この通常便ではなかなか出来ない気楽さは、休みの限られる会社員にはぴったりのフライトかと思います。

 今回はちょっと早目に家を出て展望デッキで飛行機眺めてから乗ることにしました。P9のカメラテストも兼ねて。

f:id:i10aki:20161213224022j:plain

 いい感じでカメラテストできて満足。 でも実は早く着き過ぎて、日の暮れたいい感じの写真が撮れるまで暇を持て余しました笑

 暇なので周りをぐるぐる見回していたら、ちょうど政府専用機が居ました。

f:id:i10aki:20161213224115j:plain

 スマホのデジタルズームなのでさすがに画質がキツイ。

 その四苦八苦してるスマホの隣で、鬼の光学83倍ズーム2000㎜のNikonのネオ一眼COOLPIX P910使ってる人居ていいなぁ・・・と。

 タラップで準備してる自衛官のバストショット撮れてるよ・・・すげぇ。

 望遠命の航空写真にはコスパ最高だよなー。

 見た時はタラップが付いてたので、自衛官じゃなく安倍総理見えるかなーと眺めてたのですが別の飛行機の写真撮ってる隙に搭乗終わっちゃってました。残念。

 それはそうとこの政府専用機、総理がアメリカとキューバを訪問する(した)そうで、帰りの便が珍しい出来事でニュースになってました。バードストライク自体はよくある航空機事故ですが、政府専用機で起きるとは・・・・

 常にペアでフライトする政府専用機の予備機が文字通りバックアップとして役立った珍しい事件です。

政府専用機に鳥が衝突 安倍首相、予備機で帰国:朝日新聞デジタル

■搭乗と機内の様子

 一通り写真を撮って飽きたので、制限区域に入ることにしました。

f:id:i10aki:20161213224117j:plain

 8時頃からフライトの表示出てましたね。まだ、他の飛行機もあるのでベンチには結構な人がいました。割と人が多い中この時間帯でWiFiの速度をチェックすると 

f:id:i10aki:20161213224029j:plain

 20Mくらい出てました。快適ですね。

 ここから搭乗から離陸まではごくごくフツーなので割愛します。

 離陸後、夜中のフライトならではのちょっと特殊なことを味わえます。 国際線だとフツーに消えますが国内線だとあんまり消えないんですよね。

f:id:i10aki:20161213224118j:plain

 普通の照明から 

f:id:i10aki:20161213224112j:plain

 ちょっと消えて 

f:id:i10aki:20161213224113j:plain

ほぼ完全に消えます。 消えるだけなら何にもメリットないんですが 離着時に夜景が綺麗に撮れます。 

f:id:i10aki:20161213224033j:plain

これは嬉しい。 苫小牧の夜景です。 東京の夜景も撮りたかったけど雲がすごかったのと席の予約ミスってイマイチでした・・・・。

中の照明がついてるとガラスに反射してこうなっちゃうんですよね。  

f:id:i10aki:20161213224032j:plain

 ■新千歳到着後

私は迎えの車がありましたが、通常はバスを使用します。 スカイマーク深夜便夜ふかしフライト  北海道中央バスと北都交通のバスが日替わりで用意されており、ハイデッカーの乗り心地の良いバスです。しかも道央道と36号線を深夜に走行してるので非常に走りがスムーズです。

 バス降りた後は即宿だと思いますが、ゆっくり休んで翌日に備えましょう。 帰りの便の記事はこちら。

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com