読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

必死に修行する人が続出するSFC(スーパーフライヤーズカード)ってそもそも何?

  

f:id:i10aki:20161213224235p:plain

 スーパーフライヤーズカードと言うカードがあります。 ネットではSFCと略されてることが殆どです。 Google先生に聞いても「慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス」が先に出てくるし、次に出てくるのは「修行僧」とか何を言ってるんだ?って感じでカードのこと調べてるのに、一体何のことか初心者にはさっぱり解りません。 何が人々を「修行」と言われる行為にまで駆り立てるのでしょうか?  

■SFC(スーパーフライヤーズカード)って?

 SF(スーパーフライヤーズ)とはダイヤモンド、プラチナ、ブロンズと別れているプレミアムメンバーステイタスのお仲間で、ANAが認定する上級会員(相当)の事です。

 ただし、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズとは違いSF(スーパーフライヤーズ)単体は存在しなくSF(スーパーフライヤーズ)の資格を持った人がクレジットカードを発行してSFC(スーパーフライヤーズカード)を取得して初めてサービスが受けられます。

なんだクレジットカードを持たなければいけないのか。と、魅力が半減するように思えますが、実はクレジットカードかつ、年会費が発生するからこそ受けられる大きな魅力があります。

 それは飛行機に乗らなくても年会費で資格が維持でき、カードを解約しない限り一生涯特典が続くと言う事です。

 カードの上級というとゴールドやプラチナやブラックなどカードの色の事を考えますが、SFCの場合の上級と言うのはカードの色ではなく、ANAもしくは提携しているスターアライアンスから受けられるサービスが上級になるという意味です。

 詳細は後述しますが、問い合わせがプレミアムメンバー専用デスクになったり、上級ラウンジが使えたりとエコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードしたようなサービスを受けられます。しかも、一度認定を受ければカードを解約しない限り一生涯特典が続きます。

 先述の通りカードの色とは別のサービスのため、同じANAゴールドカードでも普通のゴールドカードと

 

f:id:i10aki:20161213223837j:plain

f:id:i10aki:20161213224236j:plain

 ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカードは色は同じですが別物です。  

■SFCは何が凄いの?

 ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンド、SFC(スーパーフライヤーズカード)詳しい違いはとても長くなるので、こちらにまとめました。

http://i10mile.com/2016/09/08/post-319/  

①.ANAラウンジが使える

 え?別にゴールドの時点で入れるし・・・・って思ってる方多いと思います。私もファーストクラス用が凄いってのは聞いたことがありましたが、そんなクラス縁が無かったし空港にはギリギリに行く派だったのでラウンジに違いがある事をそもそも気にもしてませんでした。

 実は、めっちゃ違うんです。 同じ羽田空港です。

f:id:i10aki:20161213223838j:plain

 ゴールドカードで入れる、カード会社ラウンジ

f:id:i10aki:20161213223839p:plain

 上級会員用のANAラウンジ

 見た目だけで格が違うのが一目瞭然ですが、受けられるサービスがまるで違います。

---------------------------------------------------------------------------

・カードラウンジと違い、上級会員資格を持っている人しか基本入れない。

・ソファーが上質。(座って過ごすのが本来の目的ですから一番重要かも)

・ソフトドリンクも、種類豊富なアルコール類も無料で飲み放題。(カードラウンジは缶ビール1本までなど制限ありますよね)

・食事が無料。焼きそばやおにぎりから目の前で握ってくれる握り寿司まで。

・シャワー無料。(国際線はこれから寝るので汗を流すかどうかで快適度がまるで違います)

・コンセント完備。

・制限区域内で、なおかつ搭乗口にも近いのでギリギリまでのんびりできる。

---------------------------------------------------------------------------

このサービスをスーパーフライヤーズ会員と同行の1名が受けることができます。

  

f:id:i10aki:20161213223840p:plain

②.専用保安検査場(プライオリティレーン)で保安検査が優先されます。

③.ANA PREMIUM CHECK-IN でチェックインが優先されます。

④.優先搭乗で搭乗順が優先されます。

 出発時優先3連発です。 普通にしてると「こんなもんか」と思ってしまいますが、ここの時間が削減されると驚くほど旅が楽になります。

 飛行機は新幹線の3倍速いのに、国内線で総所要時間がたいして新幹線と変わらないのはここの部分に時間を食われてると言う事が大きいからです。 時間たっぷりの場合は浮いた時間でのんびりラウンジで休めばいいですし、時間ぎりぎりの便は直前に空港に到着してもハラハラしないメリットがあります。  

⑤.手荷物受取が優先されます。

 預けた荷物が手前に積み込まれ、到着後は優先的に受け取ることができます。 

f:id:i10aki:20161213224234p:plain

 荷物にこんなタグが付けられます。

 預けた手荷物を待ってる間はただ立ってぼけーとしてるだけですから、そこが早まるのはありがたいです。更に、早く出ることと「PRIORITY」タグが付くことの両方で取り違えによる紛失も避けられるのもメリットですね。  

⑥.無料でプレミアムエコノミーにアップグレード。+アップグレードポイントで座席をアップグレード

 前年のANA便の利用で得たプレミアムポイントに応じて、アップグレードポイントがもらえます。

 また、アップグレードポイントや料金がかかることなくプレミアムエコノミーにアップグレードすることができます。ANA国際線のプレミアムエコノミーはビジネスクラス並みの値段がする事もありますから、お得度はかなりのものです。  

⑦.プレミアムメンバー専用サービスデスク

・国内線座席指定の優先 ・特典航空券の優先

・ご予約時の空席待ちの優先 ・空港での空席待ちの優先お取り扱い

これが私が一番ほしい特典になります。陸マイルをポイントサイトでガンガン貯めて、さぁファーストクラスだー!と意気込んでも実はそのままは乗れません。

 ファーストは元々の席が少ないため、特典航空券向けに無料で開放されてる枠は非常に限られており、熾烈な争奪戦があります。その上で上位クラスの優先予約があるのですから下位クラスには正直勝ち目はありません。

 しかし、逆に自分も上位クラスになれば、特典航空券を確保する可能性が大幅にアップすることになります。 ファーストクラスに限らずエコノミーを取得する際も予約の自由度が上がるのは言うまでもありません。  

⑧.手荷物許容量の優待

 国内線の場合は搭乗クラスの無料手荷物許容量を+20kg無料で預かってくれます。

 国際線の場合は搭乗クラスの無料手荷物許容量を+1個無料で預かってくれます。 重量の厳しいLCCならまだしも、フルサービスキャリアの場合は普通あまり超過しませんが、私もロードレーサーを輪行した時や音響機材を運んだ時はオーバーした事がありますので、無料になるのはうれしいですね。  

⑧.IHG・ANA・ホテルズグループジャパンで優待 10%割引などが受けられます。  

⑨.スーパーフライヤーズカード オリジナルネームタグが貰える。

f:id:i10aki:20161213224233j:plain

 SFC修行を終えた修行僧が身に着ける護符です。不思議な力が宿ります。 SFC入会時に一度しかもらえないのでとてもレアでかっこいいネームタグです。  

⑩.ライフスタイルマガジンana-logue(エーエヌエー・ローグ)が届く

f:id:i10aki:20161213223841j:plain

上級会員専用の雑誌が届きます。  

⑪.フライトマイルに加え、35%~50%のボーナスマイルが加算される

⑫.マイルからANA SKY コインへ特別倍率で交換

 80,000マイル以上をANA SKY コインに交換する際、交換率が最大1.6倍になります。 最後は陸マイラーではなくマイラーに最適な特典です。

 SFC一般は35%。ゴールドは40%。プレミアムは50%加算されます。

 ただし、ANAワイドゴールドカードを持っていればSKYコイン1.6倍は同じです。

 これだけの特典が年会費を払う限り、ずっと続くのです。 SFCではなくANAの上級会員として、プラチナメンバーを維持するとしたら年間数十万円(数十回)の飛行機に乗り続けなければいけません。  

■SFC(スーパーフライヤーズカード)はどうやって入会するの?

 SFC(スーパーフライヤーズカード)に入会(取得)するためには、まずANAプラチナメンバーかさらに上位のANAダイヤモンドメンバーになります。

 この上位会員状態で申し込みができるカードがSFCです。

 逆に考えると、一年ごとに更新されるプラチナ資格の特典を、飛行機に乗らずに年会費を支払う事で固定してしまうサービスとも言えます。

 プラチナメンバーになるには50,000プレミアムポイントを貯めます。そのうち25,000ポイント以上は、ANAグループ便で発生したプレミアムポイントである必要があります。

 プレミアムポイントは、実質キャッシュバックサービスであるマイルと別に、上級会員認定用に計算されるポイントの事です。

 仕事で飛行機に乗りまくる出張族のお仕事の方であれば、勝手にプレミアムポイントは貯まると思います。しかし、その他大勢の人々は勝手に数万ポイントが貯まること絶対にありません。たとえば私が良く使う羽田-新千歳便を、これまたよくある旅割でチケットを買い、搭乗した場合そシミュレーションすると

f:id:i10aki:20161213223842p:plain

 

 たった765ポイントです。

 50,000ポイントには66回も登場する必要があります。

 50,000ポイントと言うのがいかに雲の上の会員資格かお分かりいただけますでしょうか。

 しかし、それだけの価値があるカードです。

 また、別な記事で説明しますがプレミアムポイント(PP)を効率的に取得する方法なども色々解明されています。

 そういった方法を駆使し、仕事でプレミアムポイントを得られない人々が、プラチナ資格を得るためだけに飛行機に乗り続ける。という行為があまりにも時間、体力、お金を大量に消費し辛いため、SFC修行と言います。修行を敢行する者を修行僧といいます。その内容は、土日にシンガポールに行って空港から出ず帰ってくる等まさに修行です。そして、50,000ポイントを達成し、プラチナメンバーとなることでANA SFCカード発行の権利を得ることを解脱といいます。

 無事、解脱ができてプラチナメンバーと認定され、プラチナメンバーである1年間の間にスーパーフライヤーズカードの入会申請をすると発行してもらうことができます。 ただし、スーパーフライヤーズカードはあくまでANAのクレジットカードなので審査落ちの可能性はあります。 そのため、事前にANAのクレジットカードを発行しておけば、切り替えと言う対応になり審査はありません。修行の前に発行しておくことをお勧めします。  

■どのくらいの費用と時間がかかるの?

 SFC修行をどのようなルートで組むかにもよりますが、一般的に60万円程度の費用が掛かると言われております。

 マイルからANA SKYコインへの変換がANAワイドゴールドカードなら1.6倍になりますから37.5万マイル。多めに見積もっても40万マイルがあれば陸マイラーでも無料で取得が必要です。

 ソラチカルートで年間21.6万マイル得られますから、丸二年一生懸命貯めれば無料で取得できることになります。 難易度は決して低くありませんが、不可能という数字ではありません。 メリットはとてつもなく大きいですので、是非挑戦してみては如何でしょうか。