読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系×文系夫婦のマイル日記

マイレージ、カード、ポイント、使い方、旅の情報を書いていきます。

ANAマイル大量取得に必須のソラチカルートとは?

ポイント ポイント-ポイントサイト-ハピタス ポイント-マイル

ANAマイル大量取得に必須のソラチカルートとは?

 先日の記事でANAマイルを大量に貯めるには、買い物では不可能でありポイントサイトで貯めるしかないと言う事を書きました。

www.i10mile.com


 買い物で無理となると、貯める手段はポイントサイトからANAマイルを作り出すしかありません。 前回解説したこの画像のルートですね。

f:id:i10aki:20161213223711p:plain

 ただし、作り出すといっても、この「⇒」一つで済ませた手順は、実は複雑で色々な変換をこなす必要があります。 この部分が複雑故に私も存在を知らなかったんですね。 今回、ルートが理解できたからANAマイル集めを開始しました。 今回はこのルートの解説を行います。 大量交換に必須のアイテムが一つあります。 「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」です。

f:id:i10aki:20161213223723j:plain

 東京メトロが発行している、「To Me CARD」のラインナップの一つでANAと提携してる事が特徴です。 この提携によりメトロポイントとANAマイルの交換が自由となります。 元々はフライトマイルで普段の地下鉄がタダになる。 逆に普段の地下鉄代でANAマイルの足しになると言う事で スタートした提携サービスのカードだったのですが 「ポイント交換(中継)サイト」の存在で大きく価値が変わることになります。

 それが後述する「.money(ドットマネー)」を経由するルートです。

 このカードがANAと提携してるから、貯めるのはANAマイルなんです。 逆にソラチカカードがJALと提携していれば、JALマイルを貯めたことになったでしょうね。 ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに変更する際に、ソラチカカードが必ず必要であまりにも強力なので、陸マイラーの間ではソラチカを経由して変換するルートとして「⇒」部分を俗に「ソラチカルート」と言います。 ソラチカルート以外の交換方法(Tポイントルートなど)もあり、別途ご紹介もしていきたいと思いますが、ソラチカルートが圧倒的な効率なので一先ず最初は 「ソラチカルート」だけ考えればいいと思います。 ソラチカカードの詳しい解説は別の記事で書きますね。 まずはマイルの交換に必須で強力なツールとして覚えておきましょう。 今後は「ソラチカルート」として明記します。 各サイトの細かい手順は別の記事で書きますので まずは概要を理解しましょう。

f:id:i10aki:20161213223725p:plain

 概要としてはこの画像の通りとなります。

 ポイントサイト⇒.money(ドットマネー)⇒ソラチカカード(メトロポイント)⇒ソラチカカード(ANAマイル) ハピタスちょびリッチ等のポイントサイトで貯めたポイントを、.money(ドットマネー)を経由してソラチカカードのメトロポイントに振り込みます。

 その後ソラチカカード内でメトロポイントからANAマイルへ変換します。 これが「ソラチカルート」です。 他にもルートは無い訳ではないのですが、陸マイラーからソラチカルートが圧倒的に支持されている理由は、他社ポイントからANAマイルへの返還の際の目減りが圧倒的に少ないんですね。

 実際の数字でご説明します。

f:id:i10aki:20161213223727p:plain

 ソラチカルートだと0.9倍ですから一か月の交換上限である20,000ポイントをマイルにした場合は18,000マイルになります。

f:id:i10aki:20161213223726p:plain

 一方、ソラチカルート以外で有力なTポイントルートで交換した場合、0.5倍なので10,000マイルにしかなりません。

 元々は同額のポイントであるにも関わらず、毎月8,000マイルも差が付きます。 ただし、ソラチカルートは月に18,000マイルの上限がありますから、効率を無駄にしてでも一気に交換したい場合などは上限のないTポイントルートを使うことになります。

 ソラチカルートの概要を理解いただけましたでしょうか。

 この際に必要となるのは以下の三点です。

・ポイントサイトの会員登録⇒ひとまずハピタスがおすすめ

・.money(ドットマネー)の会員登録

・ソラチカカード

 .money(ドットマネー)が必要になるのは1か月後、ソラチカカードが必要になるのは2か月後なので、ひとまずはハピタス等のポイントサイトの登録とポイント集めを頑張りましょう。 では、次の記事では実際の操作方法を交えながらポイントの貯め方、交換方法を学んでいきましょう。

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com

www.i10mile.com